田中美穂(カクワカ)のWiki的経歴と気になる出身高校大学の偏差値は

カクワカ広島共同代表の田中美穂さんがテレビの

コメンテーターとして出演されています。

そこで気になるのが田中美穂さんの経歴と

どのような活動をされている方なのか

気になります。

そこで今回はその田中美穂さんについて調べて

みました。

田中美穂(カクワカ)のWiki的経歴は

田中さんについては、テレビに最近出演されているものの

会社員もされているということで情報が限られています。

田中さんはカクワカ広島共同代表です。

出身は、福岡県北九州市です。

1994年生まれで現在は27歳です。

田中美穂の出身高校大学の偏差値は

田中さんは北九州市出身ですが、高校について

はわかっていません。

大学は西南学院大学で、在学中に米国へ1年間留学

されているようです。

こちらの大学は福岡の有名な私立大学で偏差値は60近く

あります。

留学もされていたということで、お金持ちのお嬢様であることも

考えられます。

田中美穂(カクワカ)の活動は

田中さんは現在はメーカーに勤務しながら、ICANキャンペーンニュースの

翻訳やカクワカの活動を続けているようです。

広島には就職をきっかけに引っ越してきて、今年で

5年目になるようです。広島は大学を卒業して引っ越して

きたことがわかります。現在はメーカーで技術書翻訳の

仕事をしながら広島に来て2年目の夏にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の

国際運営委員である川崎哲さんの講演を聴く機会があり

以前から、国際的な仕事に対する憧れがあったのと、歴史を

学ぶことが単純に好きだったので参加し、川崎さんのお話や

ICANの活動にとても感銘を受けて、ICANのニュースを英語に

翻訳する仕事をはじめたそうです。

ICANがノーベル平和賞を受賞し、この問題を国際的に広げるための

発信をしているのをみて、単純にカッコいいな、と憧れていて、

最初はそのような興味をもったようです。

そしてそのころ、広島からも核兵器反対の声をもっと上げよういう

若者の動きが始まってたことに感銘をうけ、2018年の11月に、

そのグループに参加するようになり、2019年1月に、現在の

「カクワカ広島」が誕生しています。そして現在はそこの代表

として活動されています。

大きく変えたきっかけになったのは、広島に来日されたサーロー節子さんの

言葉のようです。ただ平和を祈るだけではなく、頑張ってくださいと

誰かに言うだけではなく、「一緒に頑張ろうと言ってほしい、

一人ひとりが具体的に行動を」という言葉に感銘をうけたようです。

まとめ

今回は田中美穂さんの経歴等とカクワカでの活躍

について調べましたが、若くして積極的で今後

の活躍が注目だと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です