高田真希選手(バスケット)の気になるWiki的経歴と高校(桜花学園)時代の活躍は!

女子バスケットボールの高田真希選手が話題になっています。

ほんとにみんあを驚かしたバスケットでの銀メダル獲得!

これは快挙です。

8月8日、さいたまスーパーアリーナにて、東京オリンピックのバスケットボール

女子決勝が行われ、世界ランク10位の日本は1位のアメリカと戦い、

75-90で敗れ、銀メダルで日本バスケ界初となるオリンピック表彰台に登りました。

高田真希選手は、キャプテンとして活躍しましたが、今回はその

高田選手について紹介してみたいと思います。

高田真希選手のWiki的経歴は

名前:高田 真希(たかだ まき)

ニックネーム:リツ

生年月日:1989年8月23日(31歳)

出身地:愛知県

血液型:A型

職業:バスケットボール選手、株式会社TRUE HOPE社長

ポジション:センター

所属:デンソーアイリス

愛知県豊橋市出身ですが

豊橋市立北部中学校は、愛知県豊橋市にある公立中学校で、

著名な出身者にはシンセサイザー奏者で作曲家の喜多郎さんや

プロゴルファーの米山みどりさん、洋画家の松井守男さんなどが

いらっしゃいます。高田真希選手は小学2年生の時にバスケットボールをはじめ、

中学生になってから本格的にバスケットボールに打ち込むようになったということです。

高田真希の高校時代の活躍は?

高田選手の出身高校は桜花学園高等学校です。

桜花学園高等学校は、愛知県名古屋市にある偏差値44~60の私立の女子高で、

女子バスケットボールの強豪として知られており、桜花学園高校出身の

著名なバスケットボール選手には、田邉広子さんや竹内高美さん、

山田かがりさんなどがいらっしゃいます。

高田真希選手は当時の監督である井上眞一先生に声をかけてもらったことを

きっかけに、「どうせやるなら1番強いところで」という思いから

桜花学園高校に進学し、人一倍努力されたようです。

2年生の時にインターハイ優勝、3年生ではインターハイ優勝&全国高等学校

バスケットボール選手権大会(通称:ウインターカップ)優勝という

輝かしい成績を収めています。

まとめ

今回のオリンピックでは準々決勝でベルギーに勝利し、6日に行われた

準決勝ではフランスに87-71で勝利し、日本バスケ界初のオリンピック

表彰台となる銀メダルを獲得したことは快挙です。

これを機にますます注目される選手となると思いますが

期待して応援していこうと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です