工藤公康監督の長女がゴルファーとなったが果たして采配のようにうまくいくのか

工藤公康さんの長女は、12歳のときからゴルフをはじめています。

そのきっかけは、お父さんがプロ野球選手として忙しくて

会話をする機会を作りたかったからだそうです。

その娘さんがプロゴルファーで成功することを目指しているらしく、

その可能性について分析してみたいと思います。

 

 

ゴルフとの出会いは

中学2年生の時にお父さんの自主トレでアリゾナに同行した時、

プロのゴルフ選手になることを決意したそうです。

当初は、ゴルフで有名な東北高校に進学していましたが、

よりゴルフをする機会を求めて日の出高校に転校し、毎日祖母の家から

電車を乗り継いでゴルフの練習に明け暮れていたそうです。

 

プロゴルファーとして通用するのか?

そんな努力が実ってか2011年にプロゴルフに合格し、晴れて

プロゴルファーとなりました。

西武といえば、東尾さんの娘さんもプロゴルファーとなりましたが、

こちらとは対照的に地元で頑張っている様子です。

とにかくプロの世界は成績が全てのきびしい世界です。

工藤公康さんの子供ではなく、自分でゴルフ界で名前を残せる

ように頑張ってほしいです。

 

工藤監督の采配のように長女にも的確な助言

工藤監督の選手への気配りや助言は卓越した

ものがあるようです。

その証拠として、あまりひを浴びていない選手へのチャンスを

与えて大活躍しています。

普段の努力を見逃さないスタンスが見てとれます。

同じアスリートととして娘さんにも的確な心の支えとなって

いるようです。

まだプロとして脚光はあびていないものの、地道に地元で

努力している姿勢は必ず開花するでしょう。

 

公式サイトチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です