原晋監督の嫁さん原美穂さんの悩みとは?

今年も箱根駅伝の季節がやってきました。

昨年優勝して調子乗っている青山学院大学陸上部監督の原晋さん

のテレビ出演が止まりませんでした。

でもそのなかでわかったことは、原晋さんの嫁さんのすごいところです。

今回は嫁さん原美穂さんの悩みについて語ってみたいと思います。

 

あれから調子乗りすぎの原晋監督

hara

 

原晋監督が、伝説の営業マンから、すべてを投げ打って青山学院の陸上部

の嘱託職員として監督に転職したことは、有名な話です。

これについては、いまさら語ることはないと思います。

この神格化した話にもてはやされた原晋さんは本まで出版しています。

 

この話ですごいところは原晋さんの嫁さん

ふつうのサラリーマンと結婚したはずの奥さんがある日突然

3年契約の嘱託職員に転職したいと伝えてきた旦那さんを受け入れた

ことです。

しかも、伝説の営業マンとして、収入も得ていて、あこがれの

マイホームを買ったばかりのタイミングで、すべてを投げ打って、

ふつうの奥さんが陸上部の寮母さんになるという、天と地が

引っくり返るような話でした。

でも原晋監督の奥さんの凄いところは、原監督のよきアドバイザーとなって

監督の仕事を寮母として支えたことです。

この奥さんの能力の高さが、選手にも伝わり、あの明るい雰囲気の生活が

出来上がったのだと思います。

嫁さんの私生活を犠牲

青山学院陸上部の成功は、この奥さんなくしては、成り立たなかった

といってもいいほどの貢献だったと思います。

これだけの貢献をしたのだから、学校側はもう少し広いところに

家族を住ませてあげられればいいのになあ、と思ったしだいです。

いままで読んでいただきありがとうございます。

↓自宅でできる高額バイトはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です