アツオビン・ジェイソン君(大阪桐蔭高校)の砲丸投げ開花の恩人は中谷忠嗣先生!

アツオビン・ジェイソン君という高校生を

ご存じでしょうか。

ジェイソン君はまだ高校生ですが、砲丸投げの

期待の星となっています。

現在は大阪桐蔭高校の学生ですが、すでに

ユースではダントツとなっています。

アツオビン・ジェイソン君の実績は

大阪陸上選手権2020男子砲丸投決勝が7月24日(金)に行われた。

見事優勝を果たしたのはアツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭高)で、

16m79の記録だった。松田貫汰(筑波大)が14m99で2位、

清水翔太(太成学院高)が14m02で3位となった。

男子砲丸投決勝リザルト
1 アツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭高)16m79

2 松田貫汰(筑波大)14m99

3 清水翔太(太成学院高)14m02

4 尾田力飛(桜宮高)12m90

5 柴田大二郎(太成学院高)12m55

6 森田泰史(大阪大)12m27

7 奥井優介(大阪市立大)12m17

8 福満航大(摂南大)12m12

出典:excite ニュース

この大会でも圧倒的な力ですが、すでにジェイソン君は

18メートル23の記録をもっています。

現在は19メートル超えを高校卒業までに目指しています。

開花のきっかけは大阪桐蔭の中谷忠嗣先生

大阪桐蔭といえば、スポーツなんでも強いという

イメージですが、陸上でも名門です。

そこで監督を務められているのが中谷先生の

理科の先生でもいらっしゃいます。

得意の力学の原理を利用して、ジェイソン君は

その目標にむかって着実に前進しています。

ここ最近でも18メートル60超えを達成し

高校卒業までに目標達成は視野にはいってきました。

中谷先生の物理の原理を活用できる身体能力をもって

いるジェイソン君は、間違いなくオリンピック

でもスターになる素材です。

世界レベルの記録は

世界レベルは23メートル超えです。

そこで、高校卒業までに20メールを達成することを

目標に置いていますが、ジェイソン君の強いところ

は身長の高さと、ばねが凄いところです。

中学を卒業する際に、あらゆるスポーツから

高校の勧誘をうけたそうですが、そのなかで

選んだのが、陸上でしかも砲丸投げだそうです。

その理由として、人とぶつかるのが苦手というから

いかにも、今の子供の感覚ですね。

しかしながら、その種目に対する目標はしっかり

していて、中谷先生の科学的分析のもと、グラフでは

確実に目標に近づいています。

まとめ

今回は、東京オリンピックの期待の星であるアツオビン・ジェイソン選手

について紹介しましたが、ただ身体能力がすごいだけでなく、恩師と

論理的かつ科学的分析に基づいて確実に進歩しています。

とくに中谷先生の論理で印象にのこっていることは

砲丸投げはスポーツというよりも、力学科学というところ

です。その論理をこなせれれば、記録が更新されると

いう論拠のもとに、身体的にそれをこなせる能力を

兼ね備えたジェイソン君は必ずや、表舞台に立つ日

近い将来くるとおもいます。応援していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です