広島新庄高校の監督は広島県伝説の監督と言われる理由は?

甲子園が盛り上がっていますが、最も注目をあべている早稲田実業と対戦

した初出場の広島新庄高校は、出場監督さんのなかでは、注目されている

監督さんのひとりといってもいいです。

その監督さんとは迫田監督ですが、甲子園のオールドファンであるならば

聞いたことがある名前です。

 

 

巨人田口投手を輩出して知られるようになった高校

taguti

広島新庄高校は、昨年に田口投手↑を要して延長18回まで県大会で優勝

を争いました。

それをきっかけしるひとぞ知る高校野球の高校になってきましたが、実は

この高校は甲子園出場に向けてのプロジェクトが組まれていたといっても

いいと思います。

 

広島県ナンバーワン監督迫田監督

迫田監督いえば、高校野球ファンであるならば、有名な監督です。

なぜならば、オールドファン懐かしの広島商業時代から選手としても

また監督としても甲子園を制しいるからです。

 

広島新庄の迫田監督はあの迫田監督の弟さん

迫田監督は、広島商業時代に輝かしい実績を残して、広島県の新興私立高校

である如水館に監督としてヘッドハントされています。

その弟さんの広島新庄高校の監督、迫田監督も広島商業で選手としても活躍

し、その後、慶応大学そして三菱重工で監督をしていました。

そんな有名監督を新興の高校がスカウトしてなんとか甲子園への出場を果たし

高校の知名度を上げるという、なんともビジネスのような状況が高校野球で

も浸透しているようです。

選手のスカウトから監督の採用まで高校の経営の命運をかけた戦いがここで

もくりひろがれているようです。

↓ドコモの方は要チェック!

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です