谷脇康彦総務省審議官の気になる出身高校大学の偏差値は!?

谷脇康彦総務省の審議官に関する報道がでています。

放送関連会社に勤める菅首相の長男らから総務省幹部4人が

接待を受けていた問題で、総務省は22日、計12人の職員が、

国家公務員法に基づく倫理規程に違反する疑いがある会食を

のべ38件行っていたとする調査結果をまとめています。

そこで今回は、谷脇康彦審議官について調べてみました。

総務省審議官接待疑惑の詳細は

放送関連会社に勤める菅首相の長男らから総務省幹部4人が接待を受けていた問題で、

総務省は22日、計12人の職員が、国家公務員法に基づく倫理規程に違反する疑いが

ある会食をのべ38件行っていたとする調査結果をまとめた。山田真貴子内閣広報官も

総務審議官時代に首相の長男と会食をしていた。人事院の国家公務員倫理審査会の承認を

得たうえで、24日にも関係者を懲戒処分などにする方向で調整している。

国家公務員倫理法に基づく倫理規程は、利害関係者からの接待や金品の贈与を禁じており、

総務省が調査していた。総務省は22日午後の衆院予算委員会理事会に調査結果を報告した。

調査結果によると、これまで明らかになっている谷脇康彦総務審議官、吉田真人総務審議官、

秋本芳徳・前情報流通行政局長、湯本博信・前官房審議官の4人のほか、8人の総務省職員が

2016年以降、のべ計38回の会食を行っていた。一部がタクシーチケットや贈答品も受け取っていた。

また、総務省OBの山田氏についても、総務審議官を務めていた19年11月に首相の長男らと

会食をしていたことがわかった。

会食費の最高額は谷脇康彦総務審議官で、18年からの計4回、総額約10万4000円に上った。

首相の長男は放送関連会社「東北新社」に勤務し、その子会社は、総務省が許認可権を持つ

衛星放送を手がけている。秋本氏は19日の衆院予算委員会で、首相の長男について

「利害関係者だと認識している」と明言しており、総務省は調査結果の中で、倫理規程に

違反する会食が確認されたとしている。

野党は調査結果を踏まえ、首相の長男が衛星放送事業の認可に影響力を行使した疑いが

深まったとして、22日午後の衆院予算委員会で政府側を厳しく追及する構えだ。

立憲民主党幹部は同日午前、国会内で記者団に「接待を受けていた人数はさらに

増えるのではないか。完全に接待漬けだ」と批判した。

(出典:読売新聞)

この接待を受けた幹部のひとりに谷脇氏がはいっています。

谷脇康彦氏の出身高校大学の偏差値は

谷脇氏は愛媛県出身で

高校は愛光高校卒業です。

偏差値は75で愛媛県1位の学力です。

愛媛県松山市にある併設型中高一貫の私立高校です。

そして大学は一橋大学に進学し

1984年3月 一橋大学経済学部(偏差値67.5)卒業

しています。

谷脇康彦氏のプロフィール職歴は

谷脇康彦さんのプロフィールですが

名前:谷脇康彦(たにわきやすひこ)

生年月日:1960年9月11日

出身地:愛媛県松山市

谷脇氏は理論家であり、かつ政策を実行する人で

企画して他人に何かをやらせて、他人に言われて

調整して実行していく事が両方できるタイプだそうです。

まとめ

以上、今回処分を受けようとしている谷脇氏

についてしらべましたが、やはり高級官僚だけあって

エリートであることがわかります。

それなのに、この接待をうけるというのは、リスクが

存在していることがわかっていただろうに

そうも背景が解せない側面が強い今回

の事件です。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です