ハギビス(台風19号)発生で気になる進路予想と最も注意が必要な停電対策とは

また気になるニュースが発生しました。

またかですが台風が発生したのです。

10月6日、03時に南鳥島近海で台風19号ハギビスが発生し

たのです。それが、今週の三連休に本州を直撃・縦断する

可能性も出てきているということで、今後の進路や

対策について調べてみたいと思います。

ハギビスの今後の進路は

今は日本から3000キロ以上離れたところに発生した

ばかりですが、今後は巨大な勢力に拡大しながら

北上していく可能性が高いということです。

「ハギビス」はフィリピンの言葉で、「すばやい」という意味ですが

今考えられる進路は3通りの可能性が高いということです。

一つは、南の進路をとおって沖縄付近を通過すること、2つ目は

もっと日本本土の進路を通り、西日本を直撃する可能性。

そして3つ目はもっと東よりにターンしていく進路です。

いずれにしても日本に影響を及ぼす可能性が高いと言えます。

気になる停電の可能性は?

台風で気になるのは、暴風や雨による被害ですが

とくに、被害を及ぼすのが、停電です。

停電したら、まず最初に電気がきていないエリアの確認をし、

近所も電気が来ていないか自宅だけか確認することが必要です。

停電したらコンセントから電源プラグを抜く

停電中に出かける際には、分電盤のブレーカーを切ってから

外出すると安全のようです。

まとめ

これでもか、というくらい台風が頻繁に発生していますが

今まで大丈夫だったということでなめてかからない

事が大事です。

とくに停電対策については、今のうちに考えておく

必要がありそうです。

そして停電が解消後の対応は、冷蔵庫が動作しているか確認し

動作確認後、温度設定や製氷モードの設定などが変わっていないか

点検することが必要です。

そして、今週末のスケジュールも台風が来ることを前提に

考えていたほうがよさそうです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です