伊藤沙莉の韓国ハーフの噂の真相と気になる高校の偏差値は!

久々に本格的な若手女優さんが現れてました。

その女優とは伊藤沙莉さんで子役のころから

活躍しています。

伊藤さんは、はじめての演技で、身体が少女に

若返ってしまった女性研究員という難しい役を見事に演じ、

その演技力が話題になりました。

そんな伊藤さんについてですが、韓国とのハーフでは

ないかとネットでも話題になっています。

今回は伊藤紗莉さんについて紹介したいと思います。

伊藤紗莉さんの芸歴は

https://www.instagram.com/p/BsdFZDhHAx2/

 

-2005年にドラマ『みんな昔は子供だった』『女王の教室』に出演

『女王の教室』ではいじめっ子役がハマりすぎて、本当に嫌な

ヤツにみえると話題になりました。そして昨年の夏には

日曜劇場で松本ほのかと松坂桃李の戦争ドラマでの脇役が

見事にはまり話題になりました。

2017年にはNHK朝ドラ『ひよっこ』で主人公・みね子(有村架純)

の幼なじみのことが好きな米屋の娘・さおりを演じ、そのコミカル

でキュートな演技を見せてから、人気が急上昇

し、そこから5期連続でテレビドラマに出演し続けています。

まさに女優としてのステップアップを見事にこなしています。

韓国とのハーフの噂について

 

これは、本人が明らかにしているようです。

両親のどちらかが韓国の方のようですが、本人は

韓国語には馴染みがないようです。

どうもお母さんが韓国の方ではないかと思われますが

本人はずっと日本の学校で、なんといっても子役の時代

から芸能界にいたわけですから、考え方もすべて日本で

あると思います。

気になる高校の偏差値は

伊藤沙莉さんの出身高校は、千葉県千葉市にある県立若松高校です。

姉のブログに「妹が若松高校に合格しました!」という記事

が書いてあったことから判明しました。

伊藤沙莉さんは千葉県千葉市が出身地だし、ご兄弟はみな

若松高校出身のようなので、伊藤沙莉さんも若松高校というのは

間違いなさそうですね!

県立若松高校の偏差値は48ですから、平均よりもやや下の

偏差値の高校です。

ただ芸能活動をしながらしっかり公立高校受験されて入学されている

と思うので、努力家なのだと思います。

まとめ

伊藤さんが韓国とのハーフのうわさについては、はっきりとした

根拠はわかりません。ただ9才の時から子役を演じているわけですから

これについては関係ないと思います。

しかも兄弟ともに、千葉県の公立高校を受験して勉学と女優業を

こなしていたことから、かなりの努力家であることがわかります。

この女優としての才能は、こうした地道な努力から生まれたのかも

しれませんね。

今後の活躍にも注目していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です