松田宣浩選手がソフトバンク残留を決めたのは嫁さん柴田恵理の意向?

ソフトバンクの熱男こと松田選手がソフトバンクの

残留を決めたようです。

一時期は、大リーグパドレスへの移籍が濃厚とされて

いましたが一転してソフトバンクへの残留となりました。

そ背景には、プロ野球選手の定番ともいえる元女子アナの

嫁さん柴田恵理さんの意向が大きかったと言われています。

 

 

松田選手の嫁さんとは?

松田選手の嫁さん柴田恵理さんは、絵に描いたような

花形の経歴をもっています。

学校も西南学院高校から青山学院大学、そして地元の

局へ女子アナとして就職とお嬢様育ちのようです。

 

松田選手のソフトバンクでの待遇を考えると

ideho

松田選手の嫁さん柴田恵理さんは、もともと東京思考が

強いようです。

地方局のアナからフリーとなり、東京での活躍を本音では

もっているようです。

ソフトバンクでの契約は5年の20億円とも言われているなか

大リーグでは、評価が低すぎる日本人にとってリスクが

高すぎると奥さんは思っているようです。

ましてやその条件がソフトバンクの何分の1となると、嫁さんの

ほうは、ためらって当たり前のように思われます。

 

元々中央思考の強い柴田恵理さん

最近のキー局の女子アナに青山学院大学卒業の人が活躍して

いるのをよく目にします。

そんななか、地方局に就職となって、また有名プロ野球選手の

お嫁さんになって、次は自分の活躍の場も広げたいと考えるのも

自然のようです。

 

結果的に松田選手にとって良い選択

松田選手は、ソフトバンクにとって、なくてはならない存在です。

それは、リーダーとしての言葉発信力です。

確かに松田選手のチームをまとめる力は、12球団随一と言っても

いいと思います。

だから、ソフトバンクホークスは、松田選手をなにがなんでも

離さなかったのだと思います。

 

今後も松田選手を応援したいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です