ファビピラビル(アビガン)とレムデシビルの新型コロナウィルスへの効果と見通しは!?

新型コロナウィルス感染による世界の混乱が止まりません。

これは第2次世界大戦以降最大の世界的危機と言われている

なかで、今もっとも待たれているのが、この新種のウィルスに

たいする治療薬の発見です。

そこで現在期待されているのが、主に商品名がアビガンであるファビピラビル

とレムデシビルです。

そこで今回はこの2つの薬について調べてみました。

ファビピラビル(アビガン)とは

ファビピラビルは2014年に日本で承認された

抗インフルエンザウイルス薬です。新型インフルエンザが

発生した場合にしか使用できないため、市場には

流通していませんが、新型インフルエンザに

備えて国が200万人分を備蓄しています。

ファビピラビルは、インフルエンザウイルスの遺伝子複製酵素である

RNAポリメラーゼを阻害することでウイルスの増殖を抑制する薬剤です。

COVID-19を引き起こす新型コロナウイルスもインフルエンザウイルスと

同じRNAウイルスであることから、効果を示す可能性があると

期待されている薬です。

レムデシビル(米ギリアド)とは

レムデシビルはもともと米ギリアド社によって

エボラ出血熱の治療薬として開発されていた

抗ウイルス薬です。コロナウイルスを含む一本鎖

RNAウイルスに対して抗ウイルス活性を示すことが

明らかになっており、COVID-19の治療薬として

最も有望視されている薬剤の1つです。

米ギリアド社の抗ウイルス治験薬レムデシビルの試験結果は、

今月中に出るとみられています。

現状の臨床試験の状況は

現在、中国と米国で医師主導臨床試験が行われており、

国立国際医療研究センターは3月23日、NIAID主導の

臨床試験に参加する形で国アイでもレムデシビル

の臨床試験を開始すると発表しました。

これとは別に、ギリアドが日本を含む世界各国で臨床第3相(P3)試験を

行っています。

ファビピラビルが世界で注目

中国政府は3月17日、COVID-19に対するファビピラビルの

臨床試験で良好な結果を得たとして、診療指針に正式に採用すると

発表しました。

日本では、富士フイルム富山化学がすでに生産を始めており、

増産の準備も進めています。国内で唯一、アビガンの原料である

マロン酸ジメチルを生産しているデンカは、日本政府からの

要請を受けて5月から生産を再開する予定です。

中国政府が発表した研究では、ファビピラビル(アビガン)を

新型コロナウイルスの感染患者に投与し、別の抗ウイルス薬アビドールを

投与した群と比較した。これもランダム化比較試験していますが

この研究では、ファビピラビル(アビガン)群の71%の患者が回復し、

対照群の56%より統計的に有意に優れていた結果がでています。

解熱時間は2.5日と4.2日、咳が治まるまでの時間は4.6日と6.0日で、

いずれもファビピラビル(アビガン)投与群のほうが良好という

結果がでたようです。

まとめ

この世界混乱を招いている新型コロナウィルスの対策は

最終的にはワクチンの開発が必要となってきますが

その前に治療薬の発見というのが時間的にかかることを考える

と先になってきます。

専門家の予想では、新型コロナのワクチンが得られるのは

少なくとも1年先になるとみられています。

そうした中、治療薬を巡って何らかの進展があれば、

経済活動が一部再開することも可能となります。

ファビピラビルとレムデシビルともに期待されている

有望なウィルス治療薬ですが、臨床試験の結果が本当

に待たれるところです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です