アメリカ債務上限問題はなぜ起きるのか?鍵を握るライアン氏

共和党のライアン氏が正式に下院議長に立候補する意思を表明しました。

共和党は、リパブリカン スタディ コミッティ(RSC)が提出した法案を

採決するはずでしたが、共和党指導部はこの法案を提出することを

見送りました。

共和党内でもまとまりがつかない状態

 

このRSCの法案は、債務上限を19兆6000億ドルに引き上げる一方でusa

今春の予算編成の際に社会保障関連プログラムの大幅な支出削減を

盛り込むものでしたが、また2017年7月までにすべての新たな連邦規制を

凍結させる法案でした。

 

下院議長となるライアン氏はどちらにつくのか?

fomc

財務省は11月3日までをタイムリミットとしており、すでに27日に予定していた

2年債の入札の延期も発表しています。

全く先が見えないなか、ライアン氏がどれだけの調整力にかけるしかない状態ですが

このままだと、2013年秋の再現となりそうです。

オバマ大統領が、抱き合わせで、債務上限問題を扱うことを頑固拒否して

いるなか、共和党が強行路線にでるのかどうかは、すべてライアン氏の

調整力にかかってきます。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です