ミナハリガエ(張替美波)のWiki的経歴と気になる父親の職業(寿司屋)の特徴は!

ミナハリガエ(張替美那)選手がアメリカアリゾナ州での

ミニツアーで優勝いたしました。

日本でちょっとした話題となっているのが

ミナハリガエさんは日系アメリカ人ということですが

実家がすし屋ということです。

2007年に全米女子アマの大会で優勝し実力派折り紙付きですが

今回ミニツアーの優勝で再び注目を集めております。

今回のツアーはアメリカのアリゾナ州でおこなわれLPGAツアーが中止にも

なっているということで更に視線が集まっていたような状況です。

このような中で日系人のお寿司屋さんの娘というミナハリガエ選手が優勝したと

負いう報道は今の日本にも明るいニュースとして入ってきています。

そこで今回はミナハリガエさんにていて

紹介したい思います。

ミナハリガエのWiki的経歴は

ミナハリガエ選手はアメリカのモントレーで生まれたということです。

日本人の両親に生まれ、ハリガエはスティーブンソンスクールに通いました。

彼女の両親はカリフォルニア州モントレーでタカラ寿司と呼ばれる寿司レストランを

経営しています。彼女はデューク大学に通い、1年後にプロゴルフのキャリアを

追求するために去りました。

ミナハリガエの父親の職業(寿司屋)の特徴

ミナハリガエさんお親がすし屋を営んでおり父親

が寿司職人だったのではなどと

話題になっています。

しかし、そのすし屋の名前やや父親が誰かなどの詳細な情報は現

時点でおもてにはでてきていないようです。

場所はモントレーということでカリフォルニアに実家のお寿司屋さんはあるようです。

ミナハリガエの報道は

アメリカのミニツアーでミナハリガエ張替美那選手が優勝したことは

ALBAがこのように報じております。

ミナ・ハリガエ(米国)、張替美那(はりがえ・みな) が、米国アリゾナ州で

開催されているミニツアー、カクタスツアー(ロングボーGC)で勝利!

ハリガエはカリフォルニア州、名門・ペブルビーチのあるモントレーで

生まれた日系米国人。

すし屋を営んでいる両親のもとに生まれた。2007年には

「全米女子アマ・パブリックリンクス」で勝利し、デューク大でプレーした。

日本語はほとんど話せないが明るく屈託のない笑顔で周囲を惹きつける。

30歳の今も貪欲に戦いの場を求めてミニツアー参戦も続ける。

LPGAツアーが再開すれば、この好調を発揮できることに期待したい。

出典:ALBA

まとめ

ミナハリガエ選手は、すでに30歳ということで、ゴルフのキャリア

をすでに積んでいる方です。

早く新型コロナが終息しゴルフツアーが再開され

ミナハリガエさん活躍の場が増えることを期待します。

今後もブレークが期待できる有望なアスリートです。

注目度はどんどん高くなる選手だと思います。

今後の活躍に期待したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です