新井千鶴選手の気になるWiki的経歴と家族と高校時代の成績が凄い件について!

東京オリンピック柔道女子代表、新井千鶴(あらい ちづる)選手が

金メダルを獲得しました。

おめでとうございます。

柔道選手のことをあまり知らない方にとって

は今回はじめて聞く方も多いと思いますので

今回は新井千鶴選手について紹介したい

と思います。

新井千鶴選手のWiki的経歴は

生年月日:1993年11月1日

年齢:27歳

出身地:埼玉県大里郡寄居町

階級:70kg級

段位:四段

身長:172㎝

所属:三井住友海上

新井選手は現在27歳ですので、ここまでくるのに

苦労されたのだと思います。

172㎝で70Kg級と外国勢も強豪が多い階級で

すごいことだと思います。

新井千鶴選手の出身高校での成績が凄い!

新井選手は、埼玉県寄居町というのどかなところで

育っています。地元学校に通い

新井千鶴選手の出身中学校は

埼玉県寄居町立男衾(おぶすま)中学校です。

男衾と言えば、松本清張の「鬼畜」の舞台になった場所です。

そして新井千鶴選手の出身高校は埼玉県立児玉(こだま)高等学校です。

柔道部の柏又(かしまた)監督の指導を受けるために、

児玉高校へ進学したそうです。

新井選手は大学へは進学していません。

中学時代は無名選手だった新井選手は、一般入試で公立の児玉高に入学

しました。そして凄いことは高校での成績は3年間「オール5」で、

学年では常にトップクラスだったということです。

新井千鶴選手の家族は

新井選手の祖父は書道家 祖父・八郎さんは書道家で、

毎年のように書を贈ってくれるそうです。リオ五輪を逃した

16年末に帰省した際は「不動」と筆を振るってもらったそうです。

まとめ

今回は、金メダルを獲得した新井千鶴選手を

紹介しましたが、新井選手は学生のころから文武両道だった

ことがわかります。そして、前回のリオ大会で出場を逃した

新井選手が、努力がみのって今回結果がでたことがわかりました。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です