小野勝利の進路は横浜高校で決定?気になる父と兄(桐蔭学園、武蔵大学)の現在は!?

今大注目のスーパー中学生・小野勝利選手が

話題になっています。

将来に日本4番打者と呼び声が高い中学生

ですが、今注目されているのが進学先です。

そこで今回は、小野勝利くんについて

調べてみました。

小野勝利くんのプロフィールは

小野勝利選手のプロフィールですが

名前:小野勝利(おのしょうり)

生年月日:2005年4月10日

出身地:埼玉県所沢市

身長・体重:180㎝・86㎏

右投げ右打ち

足のサイズ:29㎝

好きな食べ物:寿司(サーモン)

50mは6秒8

小野くんは、お父さんが元プロ野球選手のサラブレッドです。

小野勝利くんの兄も野球選手?

小野くんは兄の影響で5歳から野球を始めていますが

小野勝利選手のお兄さん・将輝(しょうき)選手についてですが

右投げ右打ちの投手

中学時代

2015~2017年、狭山西武ボーイズ所属

中学2年、2016年ボーイズ春季全国大会準優勝

中学3年、2017年ボーイズ春季全国大会ベスト4・2017年

ボーイズ選手権大会2回戦

高校時代

2018~2020年、桐蔭学園高校

高校1年、2018年明治神宮野球大会ベスト8

高校2年、2019年選抜高等学校野球大会1回戦

強豪校の桐蔭学園で野球をしていました。

その後、武蔵野大学に入り、金融を専攻する予定

父親・剛さんは将輝さんに、大学卒業後は銀行員になって欲しい

と書かれてる点から、お兄さんの将輝さんはプロを

目指される予定はないようです。

小野勝利くんの進路は

ここに小野くんについての記事があります。

今夏の甲子園で注目されるのが、中学球界屈指の長距離砲として

活躍した狭山西武ボーイズの小野勝利内野手(3年)だ。

元プロ野球選手の父を持ち、身長180センチ、体重86キロと中学生

離れした体格。中学通算28本塁打をマークした。中学卒業後に

神奈川県の強豪校に進学するスーパー中学生の魅力に迫った。

15歳とは思えない驚愕の打球が次々と… “スーパー中学生”小野勝利選手の

力強いスイングを映像で

左中間へ右中間へ。小野は寒風を切り裂くように破壊力のある

打球を飛ばしていく。まるで中学生には見えない打球だ。

「日本の4番になることが小さい頃からの夢です。将来は

日本を背負うような打者になりたいです」と目を輝かせる。

規格外のパワーが自慢だ。1800グラムの未熟児として生まれたものの、

生後3か月で200ミリの哺乳瓶に入ったミルクを毎日2本。体は

急激に成長し、小学生時には地元のわんぱく相撲で圧倒的な

力で優勝する怪力児童となった。「好きなものはたくさん食べてました。

(元横綱の)朝青龍にそっくりでした」と苦笑いする。

5歳から本格的に始めた野球でもメキメキと頭角を現した。

西武・中村剛也の豪快な本塁打に魅せられ、父・剛さんが会長を

務める狭山西武ボーイズでは公式戦デビューでいきなり3本塁打。

テレビ局も取り上げるスーパー中学生となった。ただ、

本人は決して浮かれることはない。

「調子に乗ると、すぐに打てなくなりますし、まだ何かを

成し遂げたわけではないので。イチローさんぐらいの成績を

残せば言えると思うんですけど、自分はこれから。将来、

野球生活を終えた時に『オレは凄かった』と思えればいいです」

野球に対する姿勢や考え方も中学生離れしている。

「練習してプロに行け、野球でメシを食っていけ、ということだ

と思います。絶対に逃げ道を作ってはいけないと思っています。

やり遂げないといけない。今まで自分は取材を断ったことがありません。

将来『あいつは?』とならないように。逃げ道を断つ意味でも必ず取材を

受けるようにしています」

「どれだけ結果が良くなくても諦めずに努力したものが勝つと

思っています。世の中に天才はいると思うんです。だけど、

プロ野球の第一線で活躍している人たちに『天才ですか?』と聞いたら、

『天才じゃない』と答えると思うんです。それは努力している

からだと思うので。どんなことでも挫けずに自分の練習すれば

将来につながると思っています」

(出典:Full Count)

進路は横浜高校か

小野選手は、すでに中学では、4番・一塁活躍し、

通算28本塁打を打った投手としては、最速125キロ

を投げる事が出来ます。

変化球は、縦と横のスライダーとフォークを投げれる

ほどのスーパー中学生です。

小野勝利選手の進路についてですが

↑の2020年1月24日「フルカウント」の記事にて

神奈川県の強豪校へ進学と書かれていました。

ただ来春の高校進学を控え、西は大阪桐蔭高校、東は

横浜高校と、甲子園の常連でもある高校野球部の関係者が

小野を獲得しようと、この狭山まで足を運んでる

父親・剛さんは、これからプロ目指す次男・小野勝利選手には、

兄とは全く違う人生を歩んでもらわなければならない

と言った感じの事が書かれています。

ということは、甲子園に確実に出れるような強豪校と

なると横浜高校か?

ただ父親の小野氏よると、「そう 大阪桐蔭の西谷さんは去年から

何度もウチを訪ねてきてしつこいぐらい勧誘してくるんですよ

でも私は出来れば関東の学校へ行かせたいと思って横浜高校さんに

話を聞いてみたくて涌井さんに仲介をお願いしたんです」

同時に横浜高校からも勧誘がきているようで

来春には恩師の渡辺前監督も総監督に復帰しますので

プロへ向けての心構え等もアドバイス出来ると思います」

と勧誘しているようです。

まとめ

今回は小野勝利選手について紹介しましたが

今年の甲子園で活躍するのかどうか楽しみです。

今後の活躍が注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です