東元俊哉(テセウスの船原作者)のWiki風経歴と気になる結婚家族は札幌在住!?

爆発的な人気となっているドラマ、それがテセウス船

です。最終回を迎えるにあたって視聴率もうなぎ上りと

なっています。

このドラマのヒットの原因は、原作とは違った展開

が続き、どうなるのか悩ませてくれました。

そこで、気になる原作者である東元俊哉さんである

どんな才能をもった方なのか気になります。

そこで今回は日曜劇場で大人気、テセウスの船の

原作者で東元俊哉さんについてまとめてみました。

東元俊哉のWiki的プロフィールは

東元 俊哉さんは(ひがしもと としや)と読みます。

生年月日 1981年10月27日で2020年3月現在で38歳

です。年齢的には、まだ若いと思います。

出身は北海道です。

この原作の場面も北海道です。

東元さんは幼いころからプロの漫画家になる

ことが夢だったそうです。

そして、作品が映像化されて有名になることも夢だった

ようで、今回のその夢が現実化しました。

今回、東元俊哉さんの漫画「テセウスの船」が日曜劇場で作品が

映像化されました。

東元俊哉さんの他の作品は

東元さんは2006年に「LUHEN」名義で、「Go!Go!ジャンプ」の

読切「レマ宇宙探検隊」で、デビューしています。

東元俊哉さんは、2007年にヤングマガジンの「LUHEN」名義で

「ゼロガク」が初連載になりますが5週で打ち切りしてしまいます。

その後同じくヤングマガジンで今度は東元俊哉さん名義で

「破道の門」を連載して、それがヒット作品となります。

そして、「湘南レスキュー部」や「バウンスアウト」、

「バタフライ」など次々を作品を出されています。

東元俊哉さんは結婚しているの?

ほとんどプライベート情報がないなか、息子さん

がいらっしゃるとの情報があります。

ということは結婚されているようです。

まとめ

テセウスの船は、第47回アングレーム国際漫画祭にノミネート

されるほど注目となりました。

ドラマ化され、大ヒットしていることで、ますます原作者

である東元さんの才能に注目ですね。

原作のテセウスの船はもっと読みごたえあるとも言われており

今後の原作ももっと注目されると思います。

東元俊哉さんは、まだプロの漫画家ではないというのも

驚きですが、今後はプロのなるために新作も用意されて

いるようです。東元俊哉さんの今後の作品と活躍が

楽しみですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です