梅宮辰夫さんの実際の死因とロバート秋山に送っていた言葉が感動を呼んでいる!

昭和の名俳優のひとりが亡くなるという悲しい

ニュースがありました。

梅宮辰夫さんが81歳で亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

梅宮辰夫さんの死因は

12月12日、午前7時40分に亡くなられた

梅宮辰夫さんの死因は慢性腎不全でした。

ここ最近テレビで見る姿はやせ細っていました。

ずっと病を煩わしていたことが、家族の梅宮アンナさん

も示唆していました。

梅宮辰夫さんがロバート秋山におくった名言とは

梅宮辰夫さnは、俳優だけでなく、多岐にわたって才能

を発揮されました。

料理の才能もあり、またビジネスの才能もあり、漬物屋で

成功したことは有名です。

そして、梅宮さんがみんなに慕われていたことも有名で

死期が近いと知りつつ、梅宮さんのものまねで有名になった

ロバート秋山にも感動の言葉をかけていました。

梅宮さんの体ものまねから半年後に会われた時は、オレのどんな写真でも

使っていいし(梅宮さんの妻の)クラウディアの写真でも何でも使っていいから。

と言っていたそうです。オレに関することは何をどうやってもいいから、

ちゃんとした芸をやれよと応援してもらったそうです。

とても器の大きい方で、自分をネタにしている芸能人を応援しようと

する姿勢に感動します。

まとめ

梅宮さんはロバート秋山へ「日焼けサロンはダメだよ。太陽で焼いて下さいね」

とアドバイスも送っていたそうです。

そして泣ける名言は「どうせなら長く続けて、俺が死んでもやってくれよ」

との言葉をかけていたそうです。

ほんとうに心も広い方で大スターのひとりを亡くした思いです。

梅宮辰夫さんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です