アリババが英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)を買収する目的はなに?

サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国本土共産党や

政府の権力闘争についても調査報道を手がけてきた香港英字紙

です。

その新聞社をアリババが買収すると発表しました。

アリババとは言わずも知れた、ジャック・マ率いる主にインターネット

Eコマース会社ですが、なぜアリババは香港英字紙の買収に動いた

のか調べてみました。

 

中国政府に近いジャック・マー氏

china

もともとアリババは中国共産党と近い関係にあると

いわれていました。

習近平の外遊にも同行するくらいの親密さを保っており

中国でビジネス成功させるためには必須ともいわれる

政府との関係の良好性を保っています。

 

サウスチャイナ・モーニング・ポストとは?

1903年から続く香港の有力紙で、1971年に株式公開します。

ただ1993年にマレーシアのロバートクオック氏が買収した以降

は、政府寄りの記事が多くなったとの指摘も多くあります。

 

今回の買収の理由と背景は?

ジャック・マーによる、中国共産党との関係をより強固に

築こうとする意図が見え隠れします。

外国人がみれる英字紙において、中国政府のフィルターの

かかった記事が配信されるのではとの憶測もあります。

過去には、マー会長の天安門事件に関するコメントでこの新聞社と

揉めた経緯もあることから、英字紙においても公平な報道が

なされなくなるのでは、という懸念も広がっています。

 

ビジネス成功のためならなんでもするジャック・マー氏の戦略が

ここにも垣間見れます。

↓キャッシュバック別お得FX業者トップ3!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です