佐野利恵フリーアナウンサーのWiki的経歴と気になる出身高校大学の偏差値は!

フリーアナウンサーの佐野利恵さんが次期衆議院議員選挙に出馬することに

なったことで話題となっています。

佐野利恵さんは現在30歳で岩手県でフリーアナウンサーとして

活動しております。

そこで今回は、立候補を予定している佐野利恵不利アナウンサー

について調べてみました。

佐野利恵さんお立候補のニュースは

立憲民主党岩手県連は14日、次期衆院選岩手1区に盛岡市出身のフリーアナウンサー、

佐野利恵氏(30)を擁立すると発表した。同区には既に同党から

公認内定を得ている現職階猛氏(54)がいるが、資金問題で対立する

階氏に身内が「刺客」を立てる異例の構図で、野党の分裂選挙となる可能性が出てきた。

階氏は旧民主党時代、消費税増税を巡る路線対立で小沢一郎衆院議員(立民県連代表)

とたもとを分かった。

岩手1区は他に、自民現職の高橋比奈子氏(63)=比例東北、共産新人の

吉田恭子氏(40)が立候補を予定している。

(出典:共同通信)

このように佐野氏は立憲民主党から立候補する予定であると報じられて

います。

佐野利恵さんのWiki的経歴は

名前:佐野利恵

年齢:30歳

出身:岩手県盛岡市

職業:フリーアナウンサー

佐野利恵さんは岩手県盛岡市出身の30歳女性です。

仕事はフリーアナウンサーをしています。

2012年、大学卒業卒業後、JICAフィリピンオフィスでインターン・WWF石垣島事務所や

パラグアイでボランティアを行う。釜石市社会福祉協議会で臨時雇用され、

仮設住宅に住みボランティアセンター記録係に

2013年、釜石市役所復興推進本部でインターンし、アメリカの貧困地区に

ある大学院へ留学し、トマト缶で生活をします。「

2014年、NY国連本部日本代表部でインターン、

「East Asia and Pacific Rim Studies」で修士号取得・Deans Award受賞

2015年、岩手県釜石市復興支援員「釜援隊」広報に着任

2016年、イベント事務所に所属し、フリーアナウンサーとして活動。地域写真家と活動を行う

2017年、復興釜石新聞にて復興プロセスの「社会的インパクト」を連載

2018年、エフエム岩手で生放送音楽番組メインDJに

2019年、企画から寄り添うMCとして独立。保護猫活動など動物関連の仕事を始める

MC活動をされてる佐野利恵さんですが

2020年、Youtubeチャンネルを開設し、被災地の英語ドキュメンタリー

「Legacy of Resilience」を製作。未来を創るどうぶつ医師団事務局長に

なります。

2021年、東北の獣医師らと「どうぶつ未来カルテ」を発足

そして、さのりえ@岩手と言うyoutubeチャンネルを運営されています。

佐野利恵さんの出身高校大学は

佐野利恵さんの学歴について

出身高校は盛岡一高です。こちらの高校は県内の

トップクラスの進学校です。偏差値は60台後半から70台であると

言われています。

そして大学は、早稲田大学、人間科学部です。

こちらの偏差値は、50台後半から60台とも

いわれていますが、以前の夜間から昼間にかわった

ことで偏差値が上がったといわれています。

 

まとめ

佐野さんは、2015年6月に釜石市の復興支援員に着任し

おととし6月まで広報・マネジメントを担当しました。

釜石市の復興支援員になり地元の政治とかかわりを持って

こられましたが、地元のフリーアナウンサーとしての

知名度でどこまで伸ばすか、今後の展開に注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です