高橋藍(バレー選手)はイケメンだがハーフ?気になる出身高校大学での活躍は!

高橋藍選手をご存じでしょうか。

日本バレーボール界に現れたスターです。

現在、中国との間で国債親善試合が行われ

いますが、チームで2番目の得点をするなど

すでに、日本代表の中心となる活躍をして

います。

そして、高橋藍選手が注目を集めているのが

そのイケメンぶりです。

見た目もハーフのように見えますが

今回は、そんな高橋藍選手について調べてみました。

高橋藍選手のWiki的経歴は

名前:高橋藍(たかはし らん)

生年月日:2001年9月2日

年齢:19歳(2020年4月現在)

血液型:O型

出身:京都市

身長:188cm

体重:72㎏

最高到達点:343㎝

ポジション:OH(アウトサイドヒッター)

高橋藍選手は、小学2年生から、兄の影響でバレーを

始めています。

高橋藍選手はハーフ?家族構成は

高橋藍選手は、京都市出身で、実家は飲食業を営んで

いらっしゃるようです。

そして、高橋選手の家族構成についてが

どうもお母さんが、日本とアメリカのハーフ

でいらっしゃるようです。

ということは、高橋藍選手はクオーターということに

なります。

これだけのイケメンで、身長はあまり高くないにも

かかわらず、これだけのジャンプ力をスパイクを

兼ね備えた選手は過去そんなにいません。

高橋藍選手は、お兄さんの影響で、小学校2年生から

バレーボールをはじめていますが、

中学1年のポジションはリベロで

中学時は3年連続で全日本中学校選手権に出場して

います。その実績は

2014年/2位

2015年/優勝

2016年/2位

と、ジュニアの時代からエリートだったようです。

高橋藍選手の出身高校大学での活躍は

高橋藍選手は、京都の東山高校出身です。

高校時代は、3年に主将を務めています。

2017年は、インターハイベスト16

2018年には、インターハイ京都予選準優勝

近畿大会準優勝、全日本高校選手権京都府大会準優勝

2019年には、インターハイベスト4、国民体育大会京都代表優勝

全日本高校選手権京都府大会優勝。

そして2020年には、全日本バレーボール高等学校選手権優勝

という、輝かしい実績を残しました。

東山高校が春高で初優勝したのでした。

そして、高橋選手は、高校卒業後は、日体大に進学

しえtいます。

大学1年生の時には、もうすでに全日本男子バレーボールに選出され

ました。

まとめ

オリンピックが近くなり、日本バレーボール界にも

若きスターが現れてきました。

そのなかでも高橋藍選手は注目で、身長が男子のなかで

は180cm台と低いながらも、あれだけのスパイク力

をもった選手は世界を探しても突出していると思います。

今後の高橋藍選手の活躍を注目したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です