廣津留すみれのWiki的経歴と気になる出身高校大学「ハーバード」までの勉強法とは!

最近よく廣津留すみれさんを

テレビで見る機会が多くなっています。

最近では、テレビでは、コメンテーターとして

も出演されています。

そこで、今回はそんな廣津留すみれさんの経歴や

出身学校について調べてみました。

廣津留すみれさんWiki的プロフィールは

名前 廣津留すみれ

(ひろつる すみれ)

生年月日 1993年

出身 大分県

とういうことで、廣津留さんは、大分県で

高校までいたそうです。

そして、廣津留さんの気になる学歴について

ふれたいと思います。

廣津留すみれさんの出身高校大学は

廣津留さんはなんとハーバード大学を主席で卒業

されています。

そしてジュリアード音楽院を主席で卒業という

なんとも輝かしい経歴の持ち主です。

そして高校は地元の公立高校にかよっていたと

いうから驚きです。

公立の大分県立大分上野丘高校を卒業後は

慶応大学に進学するも、通ったのは1学期だけだった

ようです。

その後は受験勉強を開始して2012年にハーバード大学に現役合格

されています。

そして、2016年にハーバード大学を首席で卒業した後は

ジュリアード音楽院に入学、2018年にはジュリアード音楽院を

首席で卒業し、同年には会社を立ち上げ音楽を生業として

生活を始めています。

小中高の12年間でかかった学費はたった50万円だったということです。

廣津留すみれさんの気になる勉強法は

廣津留すみれさんは1993年に大分県で生まれ育ちました。

0歳の頃から母親の独特な”学習法”で英単語教育を学んでいたらしく、

4歳の時には「英検三級」に合格されて8歳の時には

英検2級にも合格していたそうです。

ということは、塾などに頼らず、家庭で英才教育をうけて

いたようです。

通常の一般教育では、英検2級と言えば高校生でとるのが

普通です。

この時に身に着けた”英語力の基本が、ハーバード合格

に役立っていたようです。

大分県にある自宅は、相当な田舎町にあったらしく

それでもヴァイオリンのレッスンを受けれる環境にはあったご様子で、

生まれて直ぐに母親の独特な学習法を学びながら、

ヴァイオリンのレッスンにも通っていたようです。

ということで、廣津留家は相当な教育熱心な家庭だったようです。

まとめ

廣津留さんは塾などには通わず小中高は全て公立

で、これだけの学歴を残すのは驚くべきことです。

全てが規格外ですが、どんな高校に通っていたのでしょう。

塾にも通わず親の教育法と本人の努力でハーバード大学と

ジュリアード音楽院を首席で卒業したということで勉強法に注目

があつまっています。

今後の廣津留すみれさんの活躍が期待です。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です