貴源治賢(貴ノ富士双子の弟)に襲ったインフルエンザ巡業出場と春日野親方との関連は?

また相撲界でトラブルが起きているようです。

12月22日、大相撲の十両・貴源治が、インフルエンザに

感染しているにもかかわらず冬巡業の取組で相撲を取っていたことが

判明しました。

貴源治といえば、元貴乃花部屋の力士で、兄弟力士としても

有名です。お兄さんの貴の富士は暴力事件で相撲界を引退させられた

ことでニュースに取り上げられました。

インフルエンザ強行出場の背景は

今月の11日に佐賀県佐賀市で行われた巡業先の病院でインフルエンザA型と

貴源治は診断され申告していました。しかしながら、日本相撲協会関係者に

取組を行うよう指示されていたようです。

スポニチによれば、指示したのは「巡業の運営を行う巡業部」の可能性が極めて高い

とされています。巡業部の責任者である巡業部長は春日野親方ですが、過去にも

トラブルを起こしている親方です。

今回の貴源治の強行出場は12月11日の冬巡業でおきたことですが

このときは「インフルエンザA型」にかかっており「少なくとも5日間または解熱後2日間は

自宅安静を要する」と診断を受け、日本相撲協会の関係者に

病名を報告していたようです。

1日から始まった冬巡業では、約30人の力士ら協会員が体調不良などを

理由に休場ていました。力士内にはインフルエンザがまん延しており

、少なくとも関取衆8人以上、また巡業副部長の花籠親方(元関脇・太寿山)も途中離脱

していました。ということは、冬巡業で力士がインフルの蔓延により

足りなくなった可能性が高いです。

春日野巡業部長との関係は?

千賀ノ浦部屋が所属する二所ノ関一門の片男波親方は貴源治の診断について

知っていたようです。

相撲を取るように指示した点については「私の意見ではない。私の個人的意見では

何も決められない」と語っており、これはもっと上からの支持すなわち

巡業部長からの支持ではないかと疑惑がもたれています。

巡業の運営を行う巡業部の指示である可能性が極めて高いとされているのです。

千賀ノ浦親方は巡業に参加していない。

同じ一門の親方である片男波親方は「インフルは知っていたが、出場の指示はしていない」。

そのため「巡業部の指示である可能性が極めて高い」とコメントしています。

巡業部長は春日野親方であり、春日野部屋をめぐっては、傷害事件がおこり

春日野親方も一時告訴される事態になっています。

貴源治の双子の兄である貴ノ富士との関係は

貴の富士の引退事件とは、付け人に2度目の暴力をはたらいたことで

日本相撲協会から自主引退を促され、に現役引退を申し出た十両・貴ノ富士ですが

双子の弟・貴源治は兄の引退について「(引退は)最初から分かっていたこと

じゃないですか。しょうがないとしか言いようがない」というコメントを残して

いました。兄の貴ノ富士とはこれ以降連絡をとっていないようです。

ただ双子の兄の引退と今回のインフルによる強行出場を命じられたことは

関係ないようです。

まとめ

なにかと世間を騒がす日本相撲協会ですが、今回のことについて

は少し同情する面もあります。巡業に楽しみにしているお客さんが

いる以上、いくら力士の健康が第一とはいえ、これだけインフルが蔓延

しているなか一人二人ではない状況で、たまたま貴源治が強硬出場と

なった可能性が高いです。相撲協会の責任もありますが、力士たち

のプロとしての健康管理の問題ともいえると思います。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です