宇野樹(宇野昌磨の弟)はなぜ英語がしゃべれるの?気になる高校の偏差値は?

オリンピックで銀メダルを獲得した宇野昌磨さんの

ことはみなさんご存じだと思いますが、その弟である

宇野樹さんも最近注目を集めつつあります。

弟さんの樹さんのほうがルックスもかっこいいし

またスケートではなく別のアスリートで活躍され

ブレイクしようとしています。

そこで今回は弟の樹さんについて紹介したいと

思います。

通訳ができるほどの英語力の持ち主?

宇野樹さんの英語力が注目されるようになったのは

宇野昌磨さんが海外へ遠征にいったときのようで、

そこに宇野樹さんが一緒についていき、英語で通訳をした

ことがきっかけです。

海外で通訳ができるほどの英語力の持ち主だということで

弟はどんな経歴をもっているのか注目されました。

通訳をできるということは相当高いレベルの英語力が

ないとできません。

結論としては、宇野樹さんは国際学校に中学から通って

いるようです。

宇野樹の高校名古屋国際高校の偏差値は

名古屋国際高校は東海地区で唯一の国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)

認定校、また文部科学省によるスーパーグローバルハイスクール・アソシエイトの

指定校です。

宇野樹さんはこちらの愛知県の名古屋国際高等学校に通っているとの

情報がありました。

中学校が名古屋国際中学校だったのでそのままエスカレーター進学を

した可能性があります。

高校は名古屋国際高校に通っているといった証拠となるものがないので

すが、中学はこちらに通っているので、彼の英語は小さいころから

英語を意識をして教育を受けてきたことが考えられます。

ちなみに名古屋国際高校の偏差値は48くらいです。

中学から入れる私立高校なので、高校の偏差値はあまり

参考にならないかもしれません。

ただ、英語に関していえば、上記に書いたように、東海地区随一

といってもいいくらいの

もしかし力の入れようです。

まとめ

宇野樹さんはフィールドホッケー選手やモデルとしても活動している中で、

これだけの高いレベルの英語を学んでいるのは本当にすごいと

思います。

宇野樹さんは宇野昌磨さんと5つ離れた兄弟です。

身長は165cmと男性の中ではあまり高いほうではないので

今後どういったかたちで活躍していくのか、テレビでの活躍も

増えるのではないかと思います。

しかし、顔はかっこいいのでテレビで活躍できそうです。

今後の宇野樹さんの活躍に注目です!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です