コリジョンルールによって起きたプロ野球の変化と観客動員数について

コリジョンルールという、聞きなれない言葉が、毎日

のようにプロ野球で騒がれています。

そこで、コリジョンルールとはなにか、そしてこのるルール

によってプロ野球は面白くなっているのか分析したいと

思います。

 

 

コリジョンルールとは

先ずはこのルールについて説明したいとおもます。

このるルールは、ホームベース上でランナーとキャッチャーが

交錯することを防ぐルールです。

別の言い方をすれば、キャッチャーがベースを覆い隠すして

ランナーの帰塁を防ぐことを禁止したルールです。

 

このルールによってプロ野球は面白くなった?

これには、二通りの意見があります。

野球の醍醐味として、キャッチャーのホームベース上での

ブロッキングがあります。

これが見れなくなったのは、寂しいという意見があります。

しかしこれによって、無謀なタックル怪我が起きていたことも

事実であり、ランナーのホームへの突入を防いでいたことも

あります。

 

コリジョンルールが悪用されないように

最近よく目にするのは、このルールによってランナーは

ホームに突っ込みやすくなったのですが、ランナーが

忍者のように、離れてベースにタッチするケースです。

これには、異論があって、ホームベース上でサーカスの

ように飛び跳ねたり、逃げたりする光景が目にすることが

最近多いです。

 

プロ野球人気は高まっている

賛否両論あるものの、プロ野球観戦者は増えています。

このルールは明らかにキャッチャーに不利ですが、

もっとルールを改善して審判が公正なジャッジができれば

もっと面白くなると思います。

是非みんなで球場に行って自分の好きなチームを応援しましょう。

公式サイトチェック

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です