近藤麻理恵の英語力は高校時代に身に付きアメリカで絶賛!

世界の100選にも選ばれた、こんまりこと近藤麻理恵さん。ご存じのように

かたづけのコンサルタントですが、近藤麻理恵さんがアメリカでも大うけで

あります。そこで、近藤麻理恵さんがなぜアメリカで大うけなのか?英語力

はどうなのか検証してみました。

とにかく、日本のかたづけの書籍がアメリカで大うけ

konmari

日本語でいう”ときめく”ものを残して片づけるという、近藤さん独自の言葉

と説得力のある片づけ法は、アメリカで大きく取り上げられています。

どこが受けているのかといえば、ときめく(Inspired)されたものを残して

いくという発想は、アメリカでも新鮮だったようです。

小気味のいいプレゼンテーションはアメリカでも受ける

近藤さんは日本と同じように、アメリカでもレクチャーをして回っています。

そのプレゼンテーションぶりは、とてもわかりやすいととても評判のようです。

彼女のアメリカでのレクチャーは最初彼女が自分で

英語でしゃべって後で大まかな自己紹介をします。

 

このスピーチ力は高校時代に身に付いた?

そこからは、通訳を介してですが、日本語で話していると思わせない

ほどのスピード感と説得力があるレクチャーをアメリカでも実践しています。

この積極性は高校時代からのものだそうです。

 

 肝心の英語力は?

近藤麻理恵さん自身がとても頭のいいだけあって、英語もまったくしゃべれ

ないわけでなく、英語でも一生懸命コミュニケーションをとろうとしている

ところが伝わります。

やはりできる人は、すべてにおいても前向きで行動力があり、そんなところ

がアメリカで大うけし、世界の100に入るようなドリームを築いた要因だと

思います。

とにかく、日本のかたづけの書籍がアメリカで大うけ

日本語でいう”ときめく”ものを残して片づけるという、近藤さん独自の言葉と説得力

のある片づけ法は、アメリカで大きく取り上げられています。

どこが受けているのかといえば、ときめく(Inspired)されたものを残して

あとは捨てるという発想の新しさです。

このプレゼンテーション能力を学びたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です