ロシア旅客機炎上事故の問題の機内カメラ映像と機種は?

ロシアのモスクワのシェレメチェボ空港で国内線の旅客機が

炎上しながら緊急着陸する事故がありました。

この事故は大惨事となり78人中41人が死亡するという

大事故となりました。

原因はまだ不明ですが、落雷という噂もあり、また着陸の

仕方に問題があったという説があります。

今回の記事では、ロシアの飛行機事故の炎上した機内カメラ映像

などについて調べてみました。

事故が起きた原因は

落雷によって、飛び立った飛行機が飛行中にトラブルが発生

したといって引き返してきたということでした。

原因は不明ですが、飛行機が放電できなくて、なんらかの

故障が起きた可能性が高いです。

この画像からわかるように、炎上しながら緊急着陸したということで、

かなり燃え上がった状態になっています。

41人もの乗客が死亡したとのことですが、着陸の衝撃で亡くなってしまったのか、

火災によって亡くなってしまったのか、不明ですが、ただ着陸時に撮られた

機内の画像もあるようです。

問題の機内からとった映像は

↑は着陸時に機内からとられた映像です。

この映像を見る限りでは、着陸した後に機体が燃え上がった

ように見えます。

機内の映像を撮影したということですが、実際ちゃんと映されているという

感じではないので、機内の様子がどうなっているのかわかりません。

しかし、目の前が炎上しているのがよくわかりますよね。

見ると機内が炎上しているというわけではなく、翼が炎上しているように

思えますので、機内には炎がなかったと思われます。

そして30人ほどは生き残っていますので、犠牲者が多くでたのは

着陸後脱出ができたものと思われます。

あれほどの炎上ですので、もしかすると一酸化炭素中毒での死亡も

あるかもしれません。

事故を起こした問題の機種は

そして今回炎上した機種は、「アエロフロート」という

航空会社が運航している「スホイ・スーパージェット100」という

旅客機のようです。

今回の事故で問題なのは、この機種が落雷に対応して

いなかったのかどうか?一般的に飛行機は常に雷に

襲われる可能性があるので、落雷に対応した機種

がほとんどのようですが、この機種は対応していなかった

どうかという疑問です。

機種が炎上した直接の原因は

この事故映像を見る限り、大惨事にいたったのは着陸した後

に炎上したことです。

この機種は着陸しようとしたときに一度浮き上がり、そして

かなりの衝撃で後尾から着陸しています。

それによって炎上した可能性が高いですが、犠牲者が

多くでたのは、避難する過程で逃げ遅れた可能性も

でてきています。

まとめ

41人もの犠牲者を出したこの事故の真相を明らかに

することが必要ですが、飛行機が落雷にあうことは日常茶飯事

なので、落雷に耐えられない機種がたくさん飛んでいるのかと

思うとぞっとします。この事故が落雷ではなくて

着陸時に問題があったとするならば、また原因は違って

くる可能性があります。

とにかく事故原因の真相を明らかにすることが重要だと

思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です