渡辺謙は高卒で40歳にしてはじめて英語を勉強、それでもなぜ話せるようになるのか?

渡辺謙は、いまや日本が誇る世界的な俳優さんです。

その地位を築いたのもなんといってもハリウッドでも

通用する英語を身に付けたからです。

その渡辺謙さんは、新潟県出身で40歳にまるまでいっさい

といっていいほど英語の勉強をしていなかったそうです。

その渡辺謙さがどのようにして英語を習得したのか。

 

渡辺謙さんの英語勉強法は至ってシンプル

kenwatanabe

英語を教わったのは英会話教育家として知られる奈良橋陽子さんですが

渡辺謙さんは彼女の指導のもと体を使って英語を覚えていったそうです。

五感をフル活用する勉強法は今では当り前になっているようですが、

これを続けられるかどうかが肝心です。

五感をフル活用といえば、もとは七田式の習得法が有名です。

七田式は五感をフル活用してインプットしていく暗記法です。

この英語習得方法は世界的にも大好評です。↓

 

渡辺謙さんの凄いところは

朝から夕方にかけて学校でひたすら勉強し、家に帰ってからも寝るまで

ずっと英語を勉強し続けていたそうです。本気で英語を身につけなければ

ならないという「必要性」が彼を動かしていたのでしょう。そして役者で

培った集中力を発揮して勉強に励んでいたのでしょう。

渡辺謙さんは「ドラマメソッド(R)」という方法で英語を習得したそうです。

この「ドラマメソッド(R)」は簡単に言えば「英語劇」なのです。会話を主体に

した英語の勉強法として、英語劇(ドラマ)はかなり有効だと言えます。

七田式の英語習得方法も英語を体感する勉強方法で、日本人特有の頭のなかで

↓文法や順序を考える英語学習法とはまったく違います。↓

 

渡辺謙さんいわく年齢は関係ないそうです。

そして英語が話せるようになるととても楽しくなるそうです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です