鏑木秀弥社長の息子で同業者である鏑木武弥の経歴と学歴が徐々に判明!意外にも優秀?

消費者庁が注意を呼びかけていたケフィア事業振興会

のオーナー制度ですが、どうも破産手続きに入ったとの

報道が出ています。

干し柿やジュース、ヨーグルトなどの加工食品

「オーナー制度」で多額の金を集めていたことが判明

その資金がオーナーに返って来ない事態に追い込まれて

いるのです。

2017年11月から支払いが滞り、

集った契約者約2万人に

約340億円が支払われていない事態となり

代表取締役社長である鏑木秀弥氏についての

情報が徐々に出始めてきたのです。

徐々に明らかにになった鏑木秀弥の息子の経歴

かぶちゃん農園では4月23日に代表取締役が鏑木秀彌氏から

息子である鏑木武弥氏に変更されています

実は鏑木武弥氏は鏑木秀彌氏の息子です。

農水産加工品の仕入先はかぶちゃん農園からの

もののようです。

鏑木武弥氏の経歴は、1968年01月12日生まれ

年齢は50歳です。東京都府中市出身です。

学歴は意外にも優秀?

1986年〜1990年まで立教大学法学部に在籍して

いました。その後は、農業関係の出版社に就職し農業のことを

学んでいたようです。

こうみると、結構真面目に勉強していたようです。

その後、オリジナリティを求め南米パラグアイへ

青年海外協力隊として2000年3月 〜 2002年2月まで渡っています

そこでは様々な国の方との交流があり農業のことはもちろん

家族の大切さについても学んだと語っています

南米では週末は家族と過ごし河原でバーベキューしている

そうです。

まとめ

ケフィア事業振興会の代表取締役社長の鏑木秀彌氏は、

他にもケフィア事業振興会以外にも事業を行っています。

(株)飯田水晶山温泉ランド、かぶちゃん電力株式会社、

かぶちゃん農園など経営陣の名前を見ると「鏑木武弥」の名前が

あります。

かぶちゃん農園では4月23日に代表取締役が鏑木秀彌氏から

鏑木武弥氏に変更されています。

実は鏑木武弥氏は鏑木秀彌氏の息子であり

今回問題となっているケフィア事業振興会の農水産加工品の

仕入先はかぶちゃん農園です。

 

仲が悪かったという鏑木武弥氏と鏑木秀彌氏は仲直りし、

一緒に事業を始めます

鏑木秀彌氏の持っていた顧客らに鏑木武弥氏が育てた

農産物を売るところから始まっているのです。

『世界に誇れるドライフルーツ』というキャッチコピーを掲げ、

市田柿を世界に発信していました。

今回の問題、息子である鏑木武弥氏にも問題が波及していく

かもしれません。

今後も新たな情報更新していきたいと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です