荒瀬詩織が石井琢郎とのあいだで略奪婚であると言われる理由は?

荒瀬詩織さんをご存知でしょうか。

現在は、ヤクルトの石井琢朗打撃コーチの奥様で

元フジテレビアナウンサーです。

かつて「いいとも」や「ボキャブラ天国」といった

人気番組を担当する人気アナウンサーでした。

荒瀬詩織が突然姿を消した理由は?

「荒瀬詩織」の画像検索結果

1998年フジテレビに入社し期待の新人として

推されて人気アナに駆け上がりましたがたった3年

で退社しています。

荒瀬詩織さんのアナウンサー生活は3年という短い期間の活動でした。

退社した理由は大学院に行くということでしたが

どうもその時プロ野球選手の石井琢郎さんとお付き合いが

始まっていたようです。

荒瀬詩織さんとのお付き合いは1年の交際を経て2001年に

という文章から2000年には交際が始まっていたと思います。

なぜ略奪婚と言われるのか?

石井選手はその時アイドルの瀬能あづささんと

結婚しています。瀬能さんは結婚の1年前に芸能界を

引退しその後結婚しています。

しかし2000年に離婚してしまいました。

かなり早くに芸能界を引退してしまって

結局離婚することになってしまいました。

時期的にその間に荒瀬さんが登場することから

略奪婚ではないかと言われているのです。

離婚とお付き合いの年が同じなのでちゃんと離婚が済んで

からのお付き合いだったのかが分からないので

略奪婚と言われるようになりました。

 

荒瀬詩織の現在は?

 

石井琢朗コーチの広島行きが決まった時に荒瀬詩織さんは

大学院にも復学していたので東京に残ることを決めました。

単身赴任でしたがずっと家族のことが心配で頻繁に連絡を取ったり

東京に帰ったりしていたようです。

その後長女の体調も悪く家族で暮らしたいという気持ちがあり

家族揃って広島に移住することになりました。

広島での生活で長女も体調が回復し次女は素晴らしい

テニスのコーチと出会いさらに荒瀬さんは長男を授かった

といいことずくめでした。

その後次女がやっぱり東京の付属の中学校に通いたいという

希望を叶えるために東京に戻ることになりましたが

まだ広島のテニスコーチの元でテニスを続けたかった次女は

一旦は広島に残りました。

石井琢朗コーチは家族と一緒に暮らすために広島を退団しヤクルト

のコーチとして東京で暮らしています。

まとめ

次女が将来プロになれるようなテニスプレーヤーで

有望されています。

子沢山にも恵まれ、現在は子供のサポートに全力を

入れられているようです。

今度は娘さんの世界での活躍を期待したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です