いまなぜラブレ菌が腸内フローラでテレビで注目されるのか!その効果とは!

昨今、テレビでで腸内フローラの話題がとりあげられています。

俳優の今井さんがなくなったのが大腸がんであったということ。

腸の環境というのは、がんとの関係だけではなく、腸内フローラといって

痩せる体質ななのか、太る体質関係なのか大きく関係していることが最近

実証されています。 

そこで腸内細菌の食べ物での増やす方法を紹介します。

 

chounai

上の図のように、腸内フローラとは、腸内の環境のことです。

 

理想的な腸内フローラにするラブレ菌とは?

腸内にはいろんな菌がいます。そこには良い菌もあれば、悪い菌もあり、お互いに

生存しあっているといわれています。

その中でとくに注目されているのがラブレ菌です。

酸菌ラブレ菌は日本人にとっては古くから親しまれていた漬物や味噌などの

発酵食品の中でも特に伝統ある京都の漬物「すぐき漬」から発見された乳酸菌です。 

特徴としては腸まで生きたま届く生命力の強さと、整腸作用や体の免疫力をアップ

させる効能ががあるということです。

腸内に届くと悪玉菌の増殖を抑止しながら善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるので、

体にとっても目に見えて様々なメリットが得られるようになるのが特徴です。

当然、腸内が良い菌ばかりになればいいのですが、なかなか普段の生活のなかで

難しいことです。 

食べ物で摂るのは難しい

乳酸菌やラブレ菌が腸にいいとはわかっていても普段の食事からとり続けることは

大変なことです。

結局これらの食生活は、便秘対策にも結び付くことですが、結局便秘になりやすい

体質は、痩せる体質か太る体質かにも大きく影響してくるそうです。

ただ、この食生活を送るということは、ふつうのダイエット食生活と同じことで

あり、あまり新しい情報ではありません。

苦痛を伴うダイエット食生活をおくることによって腸内環境を変えるというので

あれば、長続きしません。

要は、腸内フローラを食生活に頼らなくても、良い菌に変えてしまう方法が一番

てっとり早いのです。

 

今や腸内細菌は脳機能改善にもつながる

同じ乳酸菌でも即効力のあるのとないのとでは、大きな差があります。

腸内フローラに最も効果的なラブレ菌を、一口の袋で飲むことができれば

即効性とまた腸内フローラの改善に最も効果的だということも最近話題に

なっています。

いまや腸内フローラの問題は、現代病でもある大腸がんの問題だけでなく

脳機能の改善と体型の問題にも大きく影響していることがわかり、一番注目されている

栄養素のようです。

乳酸菌でもっとも必要なのは即効性がキーワードとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です