湯本博信官房審議官のWiki的経歴と気になる異動理由と出身高校大学の偏差値は!?

湯本博信官房審議官が報道で取り上げられて

います。

その理由としては、以下の記事です。

湯本博信氏の異動理由は

武田良太総務相は19日の記者会見で、菅義偉首相の長男から接待を

受けた秋本芳徳情報流通行政局長と湯本博信官房審議官を20日付で

官房付に異動させると発表した。事実上の更迭とみられる。秋本氏は

19日の衆院予算委員会で、「記憶はない」としていた長男と

会食中の衛星放送事業に関する話題について「今となっては

あったのだろう」と一転して認めた。

武田氏は会見で、異動の理由に関し「法案審議などが

控える中、諸情勢を鑑み、適所適材の配置として行う」

と説明するにとどめた。

秋本氏らを含め長男と会食していた幹部4人については

「今回の異動とは関係なく、懲戒処分が必要であれば速やかに行う」

と述べ、同省の調査結果を踏まえ厳正に処分する考えを示した。

予算委では「国民の疑念を招く事態となり深くおわびする」と陳謝した。
加藤勝信官房長官は会見で記者団から「事実上の更迭か」

と問われたのに対し、「通常の人事異動という位置付けだ」と語った。

(出典:JIJI.com)

ということで、異動の原因は、接待をうけたことが

直接の原因のようです。

湯本博信官房審議官のwiki的経歴は

湯本博信(ゆもとひろのぶ)

本籍:千葉県我孫市

とやはり公務員のかたなので、情報は限られて

います。

年齢は公表されていませんが、

1990年に大学を卒業してるので、1967年生まれになります。

年齢は53~54歳になります。

湯本博信官房審議官の経歴ですが

1990年 郵政省入省

2010年 総務省情報通信国際戦略局国際協力課長

2013年6月28日 総務省情報流通行政局情報通信作品振興課長

2015年7月31日 総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課長

2016年7月1日 総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政第二課長

2017年7月11日 総務省情報流通行政局放送政策課長

2019年7月5日 総務省情報流通行政局総務課長

2020年7月20日 総務省情報流通行政局担当審議官

このように、経歴をみてみますと、国家公務員キャリアとして

着実に出世しています。

湯本博信審議官の出身高校大学の偏差値は

湯本氏は1990年、東京大学経済学部卒業

されています。さすが、キャリアでここまで

出世されるとあり、東京大学出身です。

偏差値は、軽く70超えで、東大の文系では

法学部に次ぐ難易度です。

湯本博信官房審議官の年齢は公表されていませんでした。

高校については、公表されていませんが、千葉県我孫子市

出身ということで、首都圏の進学校は通える範囲

だと思われます。東大でえすから、おそらく

私立の中高一貫校の可能性もありますね。

まとめ

今回は、違法な接待をうけた疑惑の渦中にある

湯本博信審議官について調べましたが

やはりエリートで東大出身でした。

今後この事件がどのような展開になるのか

注目したいとおもいます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です