ヨーコ・ゼッターランドさんは独身?元旦那と草野仁との関係と子供さんの存在は!?

東京オリンピックの理事としても活躍されている

ヨーコ・ゼッターランドさんですが、有名な元バレーボール

選手で、引退後はキャスターとしても活躍されています。

現在は、揺れに揺れている、オリンピック組織委員の会長問題

ですが、ゼッターランド理事は、会長問題について

コメントを出されています。

そこで今回はヨーコ・ゼッターランドさんについて

調べてみました。

ヨーコ・ゼッターランドさんは独身?

キャスターのヨーコ・ゼッターランドさんは現在独身

のようです。以前は結婚されていましたが、離婚されている

ようです。

元旦那と草野仁さんとの関係は

人気司会者・草野仁さんの長男で所属事務所マネジャーの裕氏が

元旦那さんです。

2人は2006年6月20日に婚姻届を提出し

結婚生活は約4年2カ月続いたそうです。

子供さんの存在は

子供さんは、いらっしゃらないようです。離婚原因は

離婚原因を多忙によるすれ違い、としているようで

ゼッターランドさんの所属事務所も離婚を認めています。

ヨーコ・ゼッターランドさんのオリンピック協会会長の見通しは

東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事であるヨーコ・ゼッターランド氏(51

)が14日放送の日本テレビ系「真相報道 バンキシャ!」(日曜後6・00)に

リモート出演。組織委員会会長の後任人事についてコメントする場面があった。

東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日に行われた理事会と評議員会の合同懇談会で、

辞任を表明した森喜朗会長(83)の後任を選ぶために「候補者検討委員会」を

設置することを決めた。選任にはより透明性の高い手続きを取る必要があるとし、

委員長には御手洗冨士夫名誉会長(85)が就任。会長は理事会に選定する権限があり、

理事会の決議で決める。会見した武藤敏郎事務総長(77)によると、委員数は

10人未満で男女同数、アスリートを中心に政府や国際オリンピック委員会(IOC)

の関係者にも入ってもらう意向という。

ゼッターランド氏は、会長の後任について「大変な局面ですので、しっかり

とまとめて先に進めていく資質を持たれた方が選ばれるとよいと思います。

オリンピック憲章の観点からいうと、アスリートは出場経験があるので

『よく理解している』という声もあります。元アスリートとしては、

そういう声が聞けるのは嬉しいことなんですが、そんなに簡単な状況では

ないと思っています」と話した。

後任として橋本聖子五輪相(56)が有力候補として浮上していることに

ついては「五輪担当でいらっしゃいますけど、その前は理事もされているので、

これまでの組織委員会の流れもご存知と思われます。ただ今回の選定の上では

男女を問わず、会長として資質のある方を早く決めるのが必要だと思います」と

語った。(出典:Yahooより)

ヨーコ・ゼッターランドさんは、現在東京五輪組織員の理事として

活躍されていますが、とても責任感が強く、しっかりとした

コメントをだされています。

まとめ

今回はヨーコ・ゼッターランド氏について紹介しましたが

10年くらい前に、草野仁さんの息子さんと結婚されて

いたことがわかりました。現在は独身のようです。

今後も、東京五輪の成功にむけて活躍されることを

期待したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です