田村隆(日本料理万能つゆで有名)の死因はもしかして?嫁子供の存在は?

訃報が飛び込んできました。

東京・築地の日本料理店「つきぢ田村」3代目の田村隆さんが、

昨年12月22日に亡くなったことを、NHK「きょうの料理」が9日、

公式Twitterで報告しました。

田村隆さんの訃報について

NHK「きょうの料理」などにも出演した東京・築地

の日本料理店「つきぢ田村」3代目の田村隆さんが

昨年12月22日に死去した。63歳。

9日、番組公式ツイッターで発表された。前日8日には、

同番組に1977年から40年以上出演し「ばぁば」の愛称で

知られた日本料理研究家の鈴木登紀子さん(享年96)が

昨年12月28日に亡くなっていたことが発表されたばかり。

番組公式ツイッターは「和食のプロのコツを惜しみなく

教えて人気だった、日本料理店3代目の田村隆さん(63)が、

昨年12月22日に亡くなりました。『煮ない時間が煮物をつくる』

『夏は涼しさを、冬は暖かさを』など和食の真髄を、明るく

楽しく伝え続けました。ご冥福をお祈り申し上げます。田村さんの

煮魚絶品でした」と田村さんを追悼した。

出典:スポニチアネックス

田村隆さんの経歴は

田村さんは料理家ですが、「つきぢ田村」は、田村隆さんの

祖父・田村平治さんが1946年に創業した日本料理店で、

田村隆さんは2代目・田村暉昭さんの長男として生まれ、

玉川大学文学部英米文学科を卒業後、大阪の名門料亭

「高麗橋吉兆」に入門し、3年間の修業を積んだ後、

「つきじ田村」に戻りました。

そして田村さんといえば、万能つゆが有名です。

田村隆さんは、調理場に立つ一方、料理学校の講師を

されたり料理本を出版されたりと、一般に向けた食の

普及活動も手がけていて、2010年には「現代の名工」

厚生労働大臣賞を受賞されました。

また、2002年~3年間、東京日本料理業芽生会、

2006年~2年間、全国芽生会連合会の理事長も務められていて、

一般社団法人全日本・食学会の理事でもあり、

社団法人日本料理研究会師範でもあります。

田村隆さんは、ほんとうに料理界で貢献されて

きました。

田村隆さんの死因は?

気になるのが田村隆さんの死因ですが、

田村隆さんの死因は、「急性心不全」のようです。

急性心不全とは、心臓の動きや機能に異常が生じて、息が

切れたりむくみが起こったりして、それがだんだん

悪化して命に関わる状態になってしまう病気のことで、

それまで心臓病などを持っていない人に急激に心不全の

症状が出た場合、急性心不全と言われます。

嫁、子供さんの存在は

田村さんには3人のお子様がいらっしゃる

ようです。みなさん一般のかたで

公表されていませんが、3人とも娘さん

のようです。

まとめ

偉大な料理家であった田村隆さんの訃報の

ニュースをお知らせしましたが、ご冥福を

お祈りしたいと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です