野口麻美さん(パティシエ)の元同僚(元カレ)がFacebookで顔写真と経歴が特定された?

野口麻美さんという、有望なパティシエ方が犠牲者となる

事件がありました。

犯人は元同僚だったということですが、なんとも

やるせない事件が起きたことに、世間の反応も

大きいです。そこで容疑者となる男性ですが

この男は年齢が34歳ということで現在は自分自身で

洋菓子店を経営しているということです。

事件の詳細は

30日午前10時頃、東京都中野区白鷺のマンション2階の

一室で、住人の洋菓子店員、野口麻美さん(38)が血を

流して倒れているのを訪ねてきた弟が発見し、110番した。

警視庁野方署員が駆けつけたが、野口さんは頭や背中に複数の

刺し傷があり、死亡していた。

 現場から約2キロ離れた中野区野方のマンション敷地では

午前7時頃、野口さんの元交際相手で、別の洋菓子店店主の男(34)

が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

警視庁は現場の状況から、7階付近から飛び降り自殺をしたとみている。

 捜査関係者によると、野口さん宅近くの防犯カメラには、この男と

似た人物がマンションに入り、約30分後の午前4時過ぎに出てくる

姿が映っていた。男が使ったレンタカーからは刃物が見つかっており、

警視庁は、男が野口さんを殺害した疑いがあるとみている。

 野口さんは男と洋菓子店の元同僚で、2016年頃から

交際していたが、昨年5月、「男に殴られた」と野方署に相談していた。

同7月、同署は男に対し、再び暴力をふるえば逮捕すると口頭で警告し、

翌8月、傷害容疑で東京地検に書類送検。男はその後、罰金20万円の

略式命令を受けた。

 しかし、同11月にも、男が野口さんが働く渋谷区の店に現れたため、

野方署は、つきまとわないよう2度目の警告を行っていた。その後、

同署は野口さんの様子を定期的に確認していたが、男の接触などはなく、

今年4月下旬、野口さんからの申し出で対応を終了した。

野口さんは、西武新宿線鷺ノ宮駅の南約600メートルの住宅街で

一人暮らしをしていた。勤務先は人気洋菓子店で、パティシエを

務めていた。常連客の30歳代の男性は「いつも気さくで明るい店員さん

で、元気をもらっていた。突然の事件で、とても信じられない」と話した。

                 出典:読売新聞

この事件は野口さんの自宅の中野区白鷺で起きました。

衝撃的な事件ということで、この事件に対する反応

は大きいです。

元同僚の動機は?

野口麻美さんの件では下記のように報道されております。

男は去年8月、野口さんにけがをさせたとして警視庁に

書類送検されていて、それ以降、野口さんとは連絡を

とっていませんでしたが、去年11月、野口さんが勤務する

渋谷区内のケーキ店を訪れ、その後、つきまとい行為を

やめるよう警視庁から警告を受けていました。

男は30日未明、経営するケーキ店のインスタグラムに野口

さんを非難した投稿をしていました。

出典:TBS

野口麻美さんと今回の犯人の元交際相手は以前に同じ

洋菓子店で勤務しておりその時に出会ったようです。

ということで、元カレだったと言われいます。

その時期が今から約4年ほど前ですがその後関係が

悪化し交際が途絶えたようです。

しかし、犯人の34歳の男が野口さんにつきまとい

警視庁からも書類送検されたこともあるとのことです。

ということは、この容疑者は、ずっと付きまとい

それがつのって、今回の犯行に及んだ可能性が

高いようです。

元同僚(元カレ)ツイッター、Facebookは?

野口さんの元同僚で元カレだった34歳の男は誰なのか

気になるところです。

報道ではこの元同僚の元カレの男の名前や顔画像などは

報道しておりません。

そこでTwitterなどのアカウントを調べている方も多いようですが

顔写真に関しては被害にあった野口麻美さんのものばかりです。

犯人の自宅住所は東京都中野区野方と報じられておりますが

これについては結構詳細に記載されています。

まとめ

この事件は、けっこう痛ましい事件という印象が強いですが

今後、被害者の心情を考えると居た堪れない気がします。

今後のこの事件についての詳細が注目されます。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です