武藤義和医師の気になる出身大学(岐阜大学)の偏差値とコロナニュースのネットの反応は!?

最近、テレビでいろんあ感染症に関する医師を拝見しますが

そのなかでも、武藤義和医師のコロナに関するコメントが

最もわかりやすいという評判もあります。

公立陶生病院感染症内科の武藤義和氏がTwitter上でも

注目されているようです。本日もテレビに出演されて

そこで今回は、武藤医師が注目されている理由に

ついて、そして出身大学などについて調べてみました。

武藤義和医師の出身大学は

武藤義和医師の出身大学についてですが

岐阜大学医学部ということがネット上にありました。

国立大学の医学部ですので、偏差値は、相当高いです。

国立大学の医学部の難易度は、普通の東大よりも

難易度が高いとさえ言われています。

なぜならば、医学部は、国立と私立では学費が

段違いで違います。国立大学の医学部はかなり

優秀な方でもなかなか合格できない難易度です。

岐阜大学を卒業してから様々な研修等をつんで

勤務医などをしながら現在は公立陶生病院感染症内科

の医師として働いておられます。

 

武藤義和医師の経歴とコロナに関するニュースは

さらに昨今の新型コロナウイルス感染の拡大により

感染症の専門家の立場から情報発信しております。

感染症に関する発言がテレビであったようですがどのようなことを

言ったのでしょうか。

武藤医師は公立陶生病院感染症内科に所属されていますが

テレビのコロナ関連のニュースへの発言で注目されております。

書籍でも新型コロナウイルスへの情報を発信されています。

武藤義和は新型コロナウイルスへの情報発信でメディアへも

アクセスしており影響力のある方ですが、武藤氏は最新のコロナ感染

状況と病状から判断して、適格なアドバイスをしていると

高評価があると同時に、否定的な意見もあります。

武藤義和医師のコロナ情報発信のネットの反応は

武藤氏のコロナに関する情報発信には賛否両論ある

ようです。情報発信には常に批判もありますがどのような

方策がベストなのか現時点では見えていない状況です。

どちらかといえば、武藤医師の意見は、最新のコロナの

状況を的確につかむことです。

やたらとPCR検査を推し進める意見が多いなかで

武藤医師の見解は、PCR検査の現状を正しく把握

することが必要だという意見です。判定の正当性が

7割といわれているなかで、陽性にもかかわらず、陰性

の判定されている割合が3割であることを考えると

その方たちの行動がリスクとなり、結果的には

おのおのが、注意して行動するしかない、という意見

でした。

ネットでは、何が本当に重要な事なのか現実から真実を

見抜けるようにしなければならないなどのコメントもあります。

まとめ

武藤義和医師の学歴はやはり優秀で国立大学医学部

で今回のコロナに対する情報発信もネットでは

賛否両論あるものの、最新のコロナに関する情報

を的確につかむことに専念されているようです。

その意味で過大に怖がるだけでなく、感染予防を

とっていくしかないというのが武藤氏の本日の

テレビでの意見でした。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です