なみはやリハビリセンター病院クラスター発生で気になる感染経路と場所は?

新型コロナウィルス感染でさらに気になるニュースが

飛び込んできました。恐れていた病院での

クラスター発生です。命をはって医療現場で働いていらっしゃる

方々にとってもショッキングな事実となっています。

クラスター発生の詳細は

4月18日、大阪市生野区のなみはやリハビリテーション病院

に勤務する尼崎市在住の30代男性が新型コロナウイルスに

感染した事が明らかになりました。

男性は理学療法士として当病院に勤務しています。

なみはやリハビリテーション病院では4月15日に20代の

女性看護師の感染も確認されており、現在新規の入院患者の

受け入れはしていない事態となっています。

一番恐れていた、院内感染が発生で、病院の従事者も犠牲者

になってしまうことです。

大阪府の発表によりますと、4月18日の新型コロナウイルスの

患者の発生状況を確認すると、なみはやリハビリテーション病院関連の

患者数が41人となっている事が気になります。

気になる感染経路は

この感染経路は院内感染です。医療従事者6名と患者が35名という

大規模な病院でのクラスターが発生したようです。

こうなんると、病院も機能しなくなり、一番恐れているケース

が起きています。

気になるなみはやリハビリテーション病院の場所は

なみはやリハビリテーション病院の場所はどこか調べていきたいと思います。

なみはやリハビリテーション病院 住所:大阪府大阪市生野区巽南3丁目19−3

です。

41人の感染者が確認されたことで、新たな患者は受け入れていないようです。

まとめ

この新型コロナウィルス感染は戦後最大の窮地だと思います。

これは、すべてが止まってしまう恐れがあり、社会システム自体

も変えてしまうくらいの危機だと思います。

すでに病院内の医療現場ではひっ迫した状況が続いており

それでもリスク取って頑張っていらっしゃる医療従事者の方々には

感謝の気持ちを表したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です