松江工業高校の女子学生のバイト先飲食店「BUZZ」バズで新型コロナクラスター発生の経緯と真実は?

新型コロナウィルスの感染がとうとう島根県まで

渡っています。

確認されたのは、10代の女子高生とのことですが

実際にはクラスターが発生したとの報道もなされて

いるところもあります。

そこで今回は、島根県で感染が確認された感染経路

や濃厚接触者について調べてみました。

島根県で確認された気になる感染経路は

4月9日に初の新型コロナウイルスの感染者10代女性が

確認された島根県松江市でクラスター感染が確認されました。

感染した女性は高校生ですが、松江工業高校の学生

のようです。そして、感染が確認されたのは松江市内の飲食店

「BUZZ(バズ)」になります。

そしては、気になる感染経路は、松江市伊勢宮町飲食店「BUZZ」

と言われています。

感染経路は、飲食店「BUZZ(バズ)」でアルバイトをしていた

松江市で最初に感染が確認された10代女性からではないかと

言われています。

松江市の10代女性は、3月19日に鼻水や喉の痛みの症状が出たいたそうで

すが、3月20日から22日までは母親と共に、中国ジェイアールバスが

運行する高速バスを往路で使用し、大阪府に旅行に出かけています。

3月20日、午前7時半にJR松江駅を出発する便で

3月21日、午後11時にJR新大阪駅を出発する便をつかっているようです。

そこで気になるのがどこで感染したのか?ということですが

大阪に行く前に風邪のような症状をもっていたということで

県内ですでに感染していたのか、この大阪旅行で感染したのか

は定かではありません。

松江工業高校10代女性ですが、大阪に旅行に行く前に症状があったことから

県外で感染したとは考えにくいですね。

もしくは普通の風邪などで体調を崩していたためか、大阪府旅行で

使用した高速バスか大阪府内で感染した可能性も考えられますが

今のところ断定はできませんね。

そして感染が確認された飲食店ですが、

感染が確認されてしまうと今後の営業に支障がでますね。

この飲食店が悪いのではなく、そこに感染者が集まったことにより

クラスターが発生してしまったのですが、感染が確認されたお店の

救済なども必要だと思います。

気になる濃厚接触者は

飲食店「BUZZ(バズ)」で新型コロナウイルスの感染が

確認された人の年代や性別は、20代女性、20代男性、30代男性、40代男性

の4人のようです。

そして症状があるのは20代女性のようです。

4人の

症状の有無にかかわらず4人は、感染症指定医療機関に入院するそうです。

松江工業高校10代女性は3月22日に発熱の症状がでますが、

3月24日までは松江工業高へ通学しています。

松江工業高校10代女性の友人がのどの痛みを訴えるなどして

検査を行いましたが、友人は陰性と確認されています。

10代女性はその後、市内にある医療機関で3回受診し

4月9日になって新型コロナウイルスの感染が確認されます。

まとめ

今まで島根県には感染は確認されていませんでしたが

今回クラスターが発生したということでショックも

大きいですね。

飲食店「BUZZ(バズ)」で感染が確認された4人の成人男女のうち、

20代女性のみ症状があります。

この高校生が県内で感染したのか、それとも大阪旅行なのか

はっきりしないのが気になるところですが、確実に地方にも

感染が広まっていることは事実のようです。

一刻も早い回復をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です