岩谷將(北海道大学教授)が中国で拘束された理由と気になる経歴は?

中国で日本人が拘束されたニュースが飛び込んでいま

した。

拘束されたのは北海道大学の40代男性教授で

中国でスパイ容疑で拘束されました。、

そして、誰が拘束されたのかといえば

北大教授・40代・男性・中国政治・防衛省勤務経験ありの方は、

岩谷將(いわたにのぶ)さんしかいないようです。

ということで、岩谷教授が拘束された可能性が

高いと言われているのです。

拘束された背景は

朝日新聞の記事によると

中国を9月に訪問した北海道大の40代の男性教授が、

北京で中国当局に拘束されていることがわかった。

日中関係筋が18日、明らかにした。容疑は不明だが、

反スパイ法や刑法違反に問われている可能性がある。

教授は日本人で、中国政治などが専門。

過去に防衛省防衛研究所や外務省に勤務した経験がある。

 中国当局は2014年にスパイ行為を定義した反スパイ法を

制定し、15年にも取り締まりのための国家安全法を施行。

外国人らによる国内での情報収集活動に対する警戒を強めていた。

 中国では15年以降、スパイ行為に関係したとして、

日本人の男女計13人が拘束された。いずれも民間人で、

国立大教授という準公務員が拘束されたのが明らかになるのは初めてだ。

                  出典:朝日新聞

報道によると、教授は防衛省研究所に勤めていた経験ある

ということで、危険とわかりつつ調査をしていた可能性

もあります。

そしてこの条件に当てはまる北大教授は岩谷將(いわたにのぶ)さん

となるようです。

岩谷教授の経歴は

報道で言われているところによると

北海道大学の教授は、中国政治、中国近現代史が専門

で防衛省と外務省に勤務経験ありとされています。

岩谷將(いわたにのぶ)北大教授が中国で広告された可能性が

極めて高くなっています。

岩谷將教授の出身大学と経歴は

岩谷教授の学歴は慶應大学法学部政治学科卒

です。そして慶應大学大学院法学研究科博士課程

をとっています。いわゆる法学博士です。

そしてその後防衛省防衛研究所戦史部教官

防衛省防衛研究所戦史研究センター(兼)外務省大臣官房

国際文化協力室で務めています。

拘束された理由は

これは中国の国家安全危害罪に問われた可能性が強いです。

中国ではここ最近スパイ容疑に対して敏感になって

おり、今回もこの容疑の対象になった可能性が高い

です。よく日本人が拘束されるニュースが流れては

いましたが、今回は国立大学の教授ということで

しかも専門分野の研究をしているということで、

今後の行方が心配になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です