進藤悠介容疑者のフェイスブックから判明した意外な出身高校大学の偏差値!

痛ましい事件が起きましたが、容疑者が逮捕されました。

さいたま市見沼区の集合住宅で、この住宅に住む小学4年生の

男の子が殺害された事件で、警察は32歳の父親が男の子の遺体を

遺棄した疑いが強まったとして逮捕状を請求する方針を発表しました。

その人物が義理の父親の無職進藤悠介容疑者で殺害への関与についても

認めているようです。

進藤悠介容疑者のフェイスブックから判明した生い立ちは

進藤悠介容疑者は広島の呉市出身です。

高校まで広島にいたようです。

進藤悠介容疑者は、高校まで私立の高校に通って

おり、家はそこそこ恵まれていたのではにかと

思われます。

進藤悠介容疑者の出身高校大学の偏差値は

進藤容疑者は高校まで広島にいましたが

高校は広島城北高校のようです。

この学校は最近進学校として頭角をあらわして

いるようで、偏差値もそこそこ高い学校です。

そして大学は東洋大学の福士関連の学部にすすんだ

ようです。

高校も私立でまた大学も東京の私立大学に進学している

ことから家庭はそこそこ裕福だったことが伺えます。

進藤悠介容疑者の奥さんは

進藤容疑者は大学卒業後は音楽関係の会社に就職している

といわれていますが、現状は無職だったようです。

そして、奥さんは学校の教員をしていて、また

年齢も10歳年上です。

正直言って奥さんに養ってもらっていたようです。

今回の事件は奥さんの連れ子との間に起きた事件ですが

この2人の結婚の過程も気になるところです。

 

まとめ

本当の親じゃないと言われて腹が立った、ということを

動機にしている進藤容疑者ですが、そもそも子供に愛情が

あったのかどうか、結婚生活も含めて実体の解明が待たれる

事件でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です