小泉弘(ヤマトリース社長)の気になる職歴と高校大学の偏差値は?

またパワハラのニュースが飛び込んできました。

今回はあのヤマトリース社長であの天下のヤマトグループ

企業の子会社の社長さん小泉弘さんがパワハラをしたという

ニュースです。

何故最大手のヤマトホールディングス子会社でこのような事が

起こったのか、小泉社長のバックグランド、職歴そして

学歴などについて調べてみました。

小泉弘社長の職歴は

小泉弘さんは昨年の2018年9月に、このヤマトリース株式会社

の社長に就任しています。この会社は、運送会社の営業マンでも

あるトラックなどのリース業、または同じような運送会社さんの

協力会社探しなど、総合的なリース会社をおこなっている

会社のようです。おもなビジネスは、親会社のヤマト運輸である

ことはまちがいないようですが、小泉弘社長はどうも、この

ヤマトグループのなかでエリートコースを歩んできた

方のようです。

ヤマトリースの前にはヤマトフィナンシャルで役員を務め、

そして経営戦略部長を歴任された方のようですから、

叩き上げとは少々違う職歴をもっています。

小泉弘社長の学歴は

小泉社長の大学は明記されていませんが、これまでの

ヤマトグループでの経歴をみると、まちがいなく

エリートのようです。少なくとも国立大学あるいは

有名私立大学であることは間違いなさそうです。

なぜならば、ホールディングスの戦略企画という

内勤の花形である企画部門の役員を務めていたという

ことは、学歴がないとまず配属されないと

思われます。

小泉弘のパワハラ発言の背景は

小泉社長は、社長というポジションでありながら

支店長クラスの給料が高いことに腹を立てていた

ようです。

ようするに本部から、業績とコストカットの両方を

迫られて、そのストレスを部下にばらまいていた

ということです。

こういう人間、サラリーマンの世界ではよく目に

しますが、この小泉弘社長は、叩き上げではない

キャリアなので、より上をみて部下に責任を

押し付けるタイプの上司だったように予想されます。

まとめ

支店長クラスでは年収1000万をも貰われている人も

いるということですから、かなりの高インセンティブな

会社だとも言えますが、小泉社長はサラリーマン

社長なので、本部の締め付けも厳しく、部下には

パワハラを行なっていた可能性があります。

学歴は高そうですが、こういうタイプの人間が

まだまだ日本のサラリーマン社会の主流なのかも

しれませんね。

 

↓が現状受験関連本のトップ10です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です