石田高久大阪府警本部長の学歴がやはり凄い!気になるここまでの職歴と経歴は?

大阪吹田でおきた事件を受けて、大阪本部長が異例の

ぶら下がり記者会見に対応しています。

2019年6月16日に起きた、大阪府吹田市の千里山交番で

何者かが古瀬鈴之佑巡査を刺し、

拳銃を奪って逃げた事件に関し、大阪府警本部長である石田高久本部長が

記者会見に答えているのです。

そこで今回はその石田本部長がここまでくるまでの経歴や

学歴が気になり調べてみました。

石田高久本部長の経歴は

石田高久本部長の学歴は東京大学法学部卒でした。

やはりこのポジションにつくためには東京大学の法学部を

卒業されている方がほとんどようです。

超エリートです。

調べてみると、警察の本部長になるような人はほとんどが

東大法学部卒の方がほとんどで、キャリア官僚のなかでも

ここまで昇格するには学歴が問われるようです。

それ以外には東大経済学部や早稲田大学法学部の方もいましたが

東大法学部というのが本部長のポジションには必要のようですね。

警察の本部長を務めるくらいですから、最高峰の大学の法学を

学ばれている人を就任することは当然だとは思いますが、

ただそれまでの職歴は、警察の専門ではなく、ローテーションの

ようにいろんな職務を経験されているようです。

石田高久本部長の経歴は

石田本部長の経歴をまとめてみますと

2012年8月17日:秋田県警本部長

2014年1月10日:会計課長(警視庁生活安全部長)

2018年4月1日:特別捜査幹部研修所長兼官房審議官

2019年1月10日:大阪県警本部長(官房審議官)

大阪府警の本部長には2019年1月に就任されています。

このように、官僚というのは、いろんなポジションを

経験して昇進していくようですね。

そういう出世コースというのが、すでにあるようです。

よほどの失敗がない限りは、学歴でもって評価される

世界のようです。

まとめ

しかし、ネットのコメントに批判が殺到しています。

批判が集中している理由はG20サミットのことばかりこの本部長が

意識していることです。

要するに自分の出世のことしか考えていないのではないかと

いうことです。

とにかくG20までには犯人を検挙したいことで必死のようですが

それよりも住人のことを第一に考えてほしいものです。

 

やはり日本は学歴社会なのか?

↓こちら現在の受験関連本トップ3です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です