宗村港容疑者(大林組)のOB訪問手口と気になる出身大学はどこ?

またゲスい事件が発生しています。

大手ゼネコンの大林組の社員の宗村港容疑者が、就職活動で

OB訪問に来た女子大生に対して「面接の指導をする」などと

言って自宅マンションへ連れ込みわいせつな行為をした

として逮捕されました。

今はまだ容疑の段階ですが、もしこれが本当となると

なんともゲスイ事件がおきたと思います。

学生の弱みに漬け込んで、自分のわいせつをするという

なんとも卑劣な事件です。

そこで今回は、この事件の背景について、そして容疑者と

されている宗村港容疑者について調べてみました。

この事件の背景は

宗村港容疑者は、就活生とOBを繋ぐスマホアプリ

「VISITS OB」に登録しており、女子大生と初めて

会ったとのことです。

こちらがNHKによる事件の詳細です。

大手ゼネコン・大林組の社員が就職活動でOB訪問に来た女子大学生に「面接の指導をする」などと言ってマンションの部屋に連れて行きわいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、大手ゼネコン・大林組の社員、宗村港容疑者(27)です。

警視庁によりますと、先月27日、就職活動の一環としてOB訪問に来た20代の女子大学生に東京・港区のマンションの部屋でわいせつな行為をしたとして強制わいせつの疑いが持たれています。

宗村容疑者は就職活動をしている学生とOBをつなぐスマートフォンのアプリに登録していて、女子大学生とは初めて会ったとみられています。

当初は、本社近くの喫茶店で話をしていましたが、「パソコンを見ながら説明したほうがいい。面接の指導をする」などと言ってマンションの部屋に連れて行ったということです。

宗村容疑者はアプリを通じてほかにも就職活動をしている複数の女子大学生に会っていたとみられ、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

警視庁によりますと、調べに対して容疑を一部否認しているということです。大林組は「逮捕されたことは誠に遺憾です。詳しい事実関係を確認しています」とコメントしています。

出典:NHKNEWS

宗村容疑者は、はじめはカフェで話をしていたとのことでしたが、

「パソコンを見ながら説明したほうがいい。面接の指導をする」

ということで、なぜか自宅に連れ込まれわいせつ行為をされた

とのことでした。

これは、学生からすれば、就職がかかっているので、断るにも

断れきれない状況につけこんだ、悪質なわいせつ行為だと思います

宗村容疑者の出身大学はどこなのか?

宗村容疑者のfacebookアカウントを発見されています。

そこには横浜市出身と書かれてあるようです、

現在も横浜の港区に在住とあるので、結構高いところ

に住んでいるのではないかと推定できます。

大手企業に勤めているので、安定した生活を送って

そうです。

そして、この事件が起きた気になる出身大学ですが

そこでfacebookの友達をよく調べてみた所、600人ほどの

友達がいたのですが、その殆どが「法政大学」卒業生である

ことが判明しています。

これは確定ではありませんが、宗村容疑者は、法政大学の

可能性がかなり高いのではないか、との噂があります。

女子学生がいるということで、理系の大学というよりも

総合大学の可能性が高く、このフェイスブックからの

情報は理にかなっているかもしれませんね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です