児島直樹医師が25歳差の有安杏果の相手?経歴と付き合うに至った経緯は!?

有安杏果さんが結婚を前提にあることを発表しましたが

そのお相手について、大きな話題になっています。

元ももいろクローバーZの有安杏果さんが自身のツイッターで

一般男性の医師と結婚前提で交際していることを公開しました。

そして、大きな話題となっているのが、アプリコットという

個人事務所に所属して芸能活動をしていくことを報告したことです。

つい最近芸能界を引退するような発表したかと思えば、数か月後

個人事務所で芸能活動を再開させるという発表に誰もが驚き

ました。

FLASHが報じた内容では、結婚相手というのはその個人事務所のオーナーでも

ある医師で、その方が48歳だということでネットで大きな話題に

なっています。

そこで今回は、その結婚相手の医師について調べてみました。

児島直樹医師の経歴

ネットではこの医師が杉並区の高円寺にある「あんずクリニック」

の院長である児嶋直樹さんという方だと特定したようです。

児島さんについて調べた所、2012年のものではありますが、細かい

経歴学歴が掲載されています。

生まれが1970年で年齢は48歳です。さらに「あんずクリニック」

という有安さんの名前にも妙に繋がる病院も経営していました。

学歴は東京医科大学医学部を卒業しており、その後、以下のような

経歴を経ています。

田附興風会 医学研究所 北野病院

大阪大学大学院医学系研究科

精神医学教室入局

大阪大学医学部附属病院

国立精神・神経医療研究センターという

医師として、立派な経歴をもっていらっしゃる方ですが、

ただ気になるのは、やはりあんずクリニックという名前

の個人病院を開業していることです。そして、なんと

芸能事務所の代表もしているという、なんとも不思議な

経歴をもっています。

有安杏果さんと付き合う経緯は?

 

有安さんはTwitterで「一般男性の方と結婚を前提に交際をさせて

いただいています」と、告白しました。交際相手については「医師」と明かし、

今後は個人事務所・アプリコットの代表として「お仕事の面でも支えていただく」

と、突然の報告でした。、

しかしながら、業界内では批判が飛び交っています。

昨年1月21日にももクロを脱退した有安さんは、今年1月15日、

個人事務所でソロ活動を開始すると発表しました。

そして3月にはライブを控え、2月1日からチケットの受付も

始まっていました。

今回Twitterで直筆コメントを公開し背景には、この医師との

怪しい関係をすでにすっぱ抜かれていたため、その記事をつぶすため

に先手を打ったとの見方が優勢です。『先日いつもの帰り道を歩いていたら

週刊誌記者さんに突然囲まれました』などと説明した上で、

結婚前提の交際相手がいると宣言した恰好となっています。

結局有安さんが語っているように、医師としてこれまでも私の

活動を親身にサポートをしていただいていた方、と紹介している

ように、いろんな面でサポートしてもらっている医師だということ

がわかりますが、彼が個人事務所を開いて、そこに有安さんが

所属するとなると、どうも付き合いのはじまりは、有安さんの

元々のファンであったことが考えられます。

一部には、洗脳されたとの記事もでているようでが、

どちらかといえば、有安さんのビジネスも絡んでいる話では

ないかと推測します。

まとめ

有安さんが「アプリコット」という事務所で活動すること、そして、

一般男性であるその医師がその事務所お代表取締役であることを

考えれば、公私ともにお世話になっている方であることは

間違いなさそうです。

 

*有安杏果さんように有名人であれば、財力と名声のある方と知り合う機会

も多いと思いますが、一般の方の場合はそうはいきません。

しかし今では芸能活動している有名人でも、相手の経歴がはっきり

している人との出会いを主流の場としている方も多いようです。

↓は、日本で最大のマッチングサイトなので、間違いのない

出会いをするためにいちど試してみる価値ありだと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です