戸田奈津子さんがかかった加齢黄斑変性の原因と前兆について

戸田奈津子さんが加齢黄斑変性の病気に

かかり、片目を失明とのニュースが流れ

ました。この加齢黄斑変性とはどんな病気

なのか、原因と兆候はなにかについて調べて

みました。

加齢黄斑変性とは、おもに高齢な方に襲ってくる

目の病気で、自覚症状として、中心視力が衰え

物が歪んで見えるのが初期症状で、末期なると

視界の中心部にすっぽり穴が空いたようになり

実質的に視力を失う病です。

原因としては、高齢者に多く発病することから

黄斑部の老化現象が主な原因と考えられています。

もともとは白人系に多く発症することから

欧米人の目が、光に弱いからだとされていましたが

最近では日本人の高齢者にも多々発病が見られる

ようになりました。

日本人にも多く発病する原因としては、パソコンや

テレビを長時間みることが多くなったこと、

また食生活が欧米化したことなどがあげられています。

加齢黄斑変性の直接の原因は、解明されていない

のは現状のようです。

そうなると、大事なことは早期発見することです。

その前兆の症状としては、目にやにのようなもの

が溜まることによってわかるそうです。

その物体をドルーゼンといい、これが、黄斑部に

たまってしまうと加齢黄斑変性を招く危険性

が高くなります。

予防法としては、随時片目を塞いで視界をチェック

することが大事だそうです。

結局は早期発見が治療への早道となるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です