エボラに対するアビガンの効果について

エボラの広がりが止まりません。

とうとう米国にも広がり、その接触者の数も見当がつかない状態に陥っています。

そんな中、エボラの特効薬にかんして日本からその効果が現れる一点の光明がさしてきています。

それが、富山の製薬会社で開発されているアビガンです。

アビガンは、抗インフルエンザウイルス薬として開発されたものですが、その効果が鳥インフルエンザに効くとして脚光浴びていました。

アビガンは、ウイルスの細胞内での遺伝子複製を阻害することで、増殖を防ぐという、今までとは違うメカニズムの抗ウイルス薬です。

 

このアビガンを処方箋したフランスの感染者が完治に向かって退院したというニュースで世界が注目しています。

このアビガンという抗ウイルス薬は、今までの阻害剤と違って感染した細胞内で遺伝子複製を阻害するという画期的な薬剤であるので、エボラにも効果が発揮できると期待が膨らんでいます。

あとは、活用の方法について国際機会、薬事当局、専門医との間で調整が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です