東大宮台投手の実力と出身高校での活躍は?

いよいよ東大の宮台投手のドラフトの日がやってきました。

今年はなんといっても清宮一色の年となっていますが

大学出身でもう一人の注目の人がいます。

それが東大の宮台投手です。

宮台投手は、プロ志望届をだして、就職の道を断ったこと

になります。

そこで、宮台投手のドラフトの行方について解説したい

とおもいます。

「宮台 ドラフト」の画像検索結果

宮台投手の高校時代と活躍は

宮台投手の高校は神奈川県屈指の公立進学校の湘南高校です。

生徒のほとんどが進学する進学校です。

湘南高校は野球も強いですが、神奈川県はなんといっても

私立の強豪校が多いので、宮台投手は地方予選までの活躍でしたが

東大に進学し野球部にはいってから一気に実力が開花しました。

宮台投手はこの秋のシーズンで140キロ前後がほとんどの

直球で、自信を持って押していました。

8安打、3四球、6奪三振。ヒットは浴びても要所を締めました

七回2死一、二塁では、法大の4番・中山にこの日最速の145キロを

計測し、最後はスライダーで空振り三振。「打者が差し込まれる真っすぐ

を投げられたのはよかった。しっかり真っすぐを投げるから

振ってくれる」自分なりに満足しているようです。

 昨夏に左肩痛を発症しましたが、昨秋から取り組んできた負担の少ないフォームが、

ようやくなじんできました。

こうしたなか広島のスカウトが一番評価しているようです。

広島・苑田スカウト統括部長が「この秋では一番。

力みがなく、フォームが安定してきた。評価は上がってます」と太鼓判を

おしています。

広島、中日そして日ハムの指名が本命?

中日・佐藤スカウトも「安定感が出てきた。じっくり体を作れば、

球速も上がるでしょう」と期待を込めています。

広島の場合は清宮から撤退し、おそらく地元の中村捕手を

一位指名してくると思われますが、投手については、

他の球団が清宮を外した場合は、社会人の投手を指名してくる

ので、広島が指名してくる可能性が強いのではないかと予想されます。

これからプロ野球がおもしろい!

今年はドラフトの話題もさることながら、これから

プロ野球がおもしろくなります。

クライマックスと日本シリーズとむけてもりあがって

いきます。

清宮や宮台投手を指名した球団がどういった補強をしてくるのか

もおもしろいところです。

今年の観客の多さから考えると、盛り上がるのは間違い

ないです。

そこでチケットを格安で獲得できる可能性がある日本最大

のチケット市場を紹介します。

今はテレビコマーシャルでもおなじみになってきていますが

まだまだ盛り上がる試合をスタジアムで格安に購入できる

機会をチェックしてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です