本間朋晃さんの実家とこけしとのつながりは?

本間朋晃さんは山形県出身のプロレスラー、あのやばい声帯でも有名ですが

最近は、華原朋美さんとのうわさで、一躍検索数も伸びてきました。

本間朋晃さんといえば、いつも”こけし”というワードが続けて出てきます

が、本間朋晃さんの出身地である山形県と関係があるのでしょうか?

それとも別のなにかがあるのか、調べてみました。

 

こけしとは関係がない実家

本間朋晃さんの実家は山形県で居酒屋さんを営んでいるそうです。

本間朋晃さんの夢は、地元山形県の観光大使になることだそうです。

親孝行でもある本間朋晃さんは、プロレスラーとしてもっと有名なって

家業の居酒屋さんも助けあげたいという気持ちが強いようです。

見た目と同様に優しい気持ちをもった方のようです。

それでは、なぜいつもこけしと呼ばれるのか?

破格の値段でブランド化粧品を!

 

こけしはプロレスの技

honma

 

それは、本間朋晃さんがいつもプロレスで使う技と関係があります。

本間朋晃さんがロープの上から、こけしのようなカタチで相手が寝ている

ところへ飛び込む技です。

この、こけしという技が本間選手の代名詞とないつも、こけしコールが

おこります。それが、本間朋晃さんがこけしと言われるわけです。

ほんとうに命がけのパフォーマンスをしています。ぎゃくに本間朋晃さんは

この技をのどにうけて、声帯を失ってしまったという過去をもっいます。

 

真剣にプロレスに打ち込んでいる本間朋晃さんをこれからも応援したいと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です