お騒がせ加地倫三の年収をロンハー的に格付けすると

背が高くてイケメンで、しかも売れ筋番組のプロデューサーとなった

加地倫三さんが、ちょくちょく番組中にも顔を出すことも時折目に

します。その豪腕プロデューサーが不倫をして、離婚調停中だとか。

その加地倫三さんの年収をロンハーばりに分析してみました。

 

 

テレビ局のサラリーマンはそんなに貰えるの?

 

加地倫三さんは、新卒でテレビ朝日に入社して、ここまできているようです。

年齢は40代後半ですが、いったいぜんたい年収はそんなに高いのか?

実際のところ、サラリーマンで身分が保証されている社員には、番組が

ヒットすかどうかで、別のインセンティブはつかないそうです。

そうだとすると、加地さんは、出世することで、その給料を増やして

昨今、スポンサー料が激減しているなかで、昔のようにテレビ局の社員が

常識外れの高給をもらっているとは考え難く、1200-1300万円くらい

もらってそうなのが妥当な線ではないかと思われます。

それでも、一般のサラリーマンからすると羨ましい限りです。

 

しかし膨大な慰謝料と養育費がかかる

加地さんは、テレ朝の社員と結婚したそうですが、不倫相手も

同局の社員だそうです。

このこじれ具合かして、相当な額の慰謝料と養育費を覚悟する必要

があるようです。

そう考えると加地さんの年収の格付けは結局下のほうになってしまうのでは。

余計なお世話かもしれませんね。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です