柳沢敦が引退した本当の理由は?嫁さんの事情によるもの?

日本代表のFWとして活躍した柳沢敦さんですが、

なにかと批判されることも多かったのも事実。

その柳沢敦さんが引退を発表した後に、引退を

惜しむ声が多く聞かれます。

一部報道だと、ベガルタ仙台から、もう1年の契約

をオファーされたとか?

それでも引退を決意した理由を探ってみました。

一部のサッカーファンの間では、柳沢敦という名前は

有名ですが、一般の方からみれば、知名度は今ひとつ

の選手だと思われます。

その選手が、この年齢でクラブからの契約延長オファー

を蹴るといのは、相当な理由があるものと思われます。

柳沢敦の引退の理由は大きく分けて2つあると思われます。

1つは、引退発表後のマスコミの扱われ方、引退試合

の開催などをみると、すでにサッカーの指導者として

の道が決まっていることです。

なにかと批判されがちな柳沢敦さんのプレースタイル

でしたが、動きと技術に関しては、誰もが認める

超一流のプレーヤーです。

また、チームメイトや後輩からの人望が厚く、

日本サッカー界からも指導者の人材として残って

ほしいとのオファーがあったことが考えられます。

同時期に引退した中田選手が、すでにクラブの

スタッフになることを公表していることを

考えると、柳沢敦さんには、もうひとつ上のところ

での指導者の道が用意されていることが考えられます。

もうひとつ考えられる理由は、嫁さんの事情です。

柳沢敦さんの嫁さんは、トップモデルのひとりで

結婚したあとも、細々と芸能活動をしているようです。

仙台という場所にそれほど馴染みのない嫁さんに

とって、また活動を本格化するためにも、東京に

戻ることを希望しているのかもしれません。

どちらにせよ、柳沢敦さんの引退後の活躍も

期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です