日本エボラ治療薬”アビガン”を韓国に無償提供で韓国の反応は?

富山化学が開発したインフルエンザ治療薬”アビガン”が

エボラお治療薬として効果を発揮すると、世界の話題に

なっていることはご存じかと思います。

スペインの患者がこのエボラ治療薬を投与された完治

したことから。ヨーロッパ各国は日本のエボラ治療薬の

臨床実験はいっています。

このアビガンの製造元の富士フィルムは今回エボラ治療薬”アビガン”

を韓国に無償提供することを決めました。

今回はそのことについて、韓国の反応などを書いてみたいと

思います。

富士フィルムは富山化学の過半数を所有しています。

今回韓国に、提供することを決めたのは富士フイルムです。

これは、韓国でエボラ患者が発生した場合に、韓国政府が

日本の富士フィルムからエボラ治療薬”アビガン”を受けることを

決定しました。

現在、エボラ治療薬として効果が発揮できると期待されているのは、

日本とアメリカそしてカナダです。

韓国の心情からアメリカの治療薬を輸入したいところのようですが、

アメリカ治療薬Zmaapは数量に絶対的な不足があるということです。

一方で、日本のエボラ治療薬は現在すでに2万人分の備蓄が進んで

おり、またスペイン、フランスそしてドイツでも導入にむけて臨床実験

が行われていることから、韓国は日本のアビガンの導入を決めた

ようです。

このニュースに韓国のネットでは、政府、メディアはこぞって日本について

罵声しておいて、こういう時に日本から導入するのは恥ずかしい、という

意見とか、日本の医療、産業技術は先進国の先頭をきっていることは

認めざるおえない、といったすなおに開発した日本の製薬会社を誉める

声がたくさん投稿されています。

また、日本、ドイツが医療の世界で進んでいるのは、70年前の戦争

によるものだという、ちょっとゆがんだ意見の投稿もあったりします。

このように、日本エボラ治療薬に対する韓国の反応はさまざまであり、

ただ、先日、日本の中小企業の社員がLEDでノーベル賞を受賞した

ように、日本の科学技術、医療について、先端を走っていると素直に

認識している意見が目立っていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です